オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

不況がトリガーに←企業情報漏洩リスク増大の調査結果

»

調査対象の企業から流出した知的財産情報は2008年だけで推定46億ドル相当に上り、被害修復のため約6億ドルが費やされたことが分かった。世界全体の被害額は1兆ドルを超すとMcAfeeは推計している。

回答者の39%は、現在の経済環境で重要情報はかつてなく脆弱になっていると指摘。犯罪組織が企業情報を狙うケースは増えているといい、39%が外部からの知的財産盗み出しを最大の懸念として挙げた。

一方で雇用情勢が不安定になる中、従業員による犯罪も懸念される。解雇した従業員が重要情報にとって最大の脅威だとの回答は42%に上った。世界的な経済危機は重要情報のグローバルメルトダウンにつながりかねないとMcAfeeは言い、支出削減や人員削減圧力が強まる中で防御が手薄になれば、犯罪のチャンスは増すと警鐘を鳴らしている。

*McAfeeが実施した調査で、米国、英国、ドイツ、日本、中国、インド、ブラジル、ドバイで企業のCIO約800人を対象

昨年、書いたブログ

1.もしも明日解雇されるならば、私は機密を持ち出す---回答者の88%・・・らしい(2008.08.28)

2.解雇されれば情報を持ち出す・・・現実味が増してきた世の中の変化(2008.12.03)

私の単なる私見でした。今回の調査を見ると、私見とも言えない環境になったように感じます。

企業が存続することが大前提

これもちろんですが、存続させるためのコストカットも必要なことです。このコストの1つに情報漏洩対策も含まれています。毎回思うことなのですが、これらのコストって、タマゴとニワトリのようにしか思えないのです。コストカットして情報漏洩対策がおざなりになってしまう?そんなことにコストをかける前に必要なことはたくさんある・・・結局、どっちが先なのか?私自身も明確な回答は持っていません。

防止が対策のすべてなのか?

これ、もっとも基本的な話なのですが、防止のレベルというか、範囲ってドコまででしょう?

まったくの外部の関係ない人であれば、そもそも情報に接近することもないでしょう。しかし、社内の人たちや関係者の方々であれば、情報の物理的持ち出しこそ防止出来たとしても、情報を扱うことを禁止出来るでしょうか?

もしも、出来たとすれば、それは仕事にならないでしょう。通常の業務を通常通り進めれば、普通はこのようになるはずです。

防止対策の有効性が、限定された環境下であることを知っておかなければなりません。

じゃあ、何ができるの?

何も雇用環境の問題や不況だけがトリガーになっている訳じゃありません。ただ、クローズアップされただけです。こんな環境でクローズアップされたのですから、今一度考えてみるきっかけとして整理してみます。

情報漏洩対策の色々な方法など。。。常に考えていますし、もっとも効果的な対策も日々悩ましいところです。有効な対策と、パフォーマンスの上がらない対策など、結構多くあったりします。この見極めや必要性は一概にコレ!ってものがありません。対策の意図とそれぞれの企業によって異なることが多いからです。

先に書いたように、限定された環境では防止対策もパフォーマンスが上がりますが、防止=100%ではないのです。防止というと100%のイメージがつきまといますが、無理があります。仮に100%防止出来たとすれば。。。やはり通常の業務に支障が出ることでしょう。

私の考える最大のセキュリティ基準とは、「絶対に自分だったらされたくないこと」です。

コンプラマトリックス

私の恩師が言っていた言葉です。参考:http://www.seibonokishi-sha.or.jp/kishis/kis0203/ki03.htm

コンプライアンスのマトリックスとして使っています。マトリックスにすることで位置づけがわかりやすくなってきます。

防止であっても、抑止であっても、それらが出来るだけ起きにくい環境をつくること。そのベストポイントを常に模索しています。

Comment(2)

コメント

「してほしいことを他人に」せずにはいられない一神教の「押しつけがましさ」(権力の遍在)について
徹底的に研究している人の本を読んだことがあります。
内容うろおぼえですが。

しかし「コメントを書く」というのも、一神教的ですかね。
って言うかぁ、「ブログを書く」というのも?!

JRXさん、コメントありがとうございます。

>「コメントを書く」というのも、一神教的ですかね。
って言うかぁ、「ブログを書く」というのも?!

違うと思います。
コメントの場合、ブログ見て気になることに「反射的」に書いていることが多いです(私)。と、自分にコメントが欲しくて書くこともないと思います。

ブログの場合、書きたいことを書いている部分は書き手の一方的なところですね。中味は別にしても(自爆)

いずれも一方的な方向は似ていますが、簡単にわけられないって部分に違いがあると思います。簡単にわけられれば・・・それが一神教的ですから。

コメントを投稿する