オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

迷惑メールの事前承諾基準って曖昧

»

http://plusd.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0805/22/news006.html

風営法にヒント:電子メール送信の法規制が大幅強化 (1/2) - ITmedia エンタープライズ via kwout  

総務省と経済産業省は、増加の一途をたどる迷惑メール問題に対処するため、電子メール送信に関する法律の改正案を国会に提出している。改正案では広告メールの送信に利用者の事前承諾が必須となるほか、違反した事業者に対する罰則の大幅な強化、国際機関との連携強化が盛り込まれている。

 2省が提出しているのは、「特定商取引法」(経済産業省)と「特定電子メール法」(総務省)の改正案。改正案では、前者は通信販売などにおける広告メールの依頼主や代理店、配信事業者について、後者は電子メール送信事業者を対象に、「迷惑メール」と化した広告メールの送信ルールの整備と違反者に対する厳しい罰則の導入が柱となっている。それぞれの改正案は対象範囲が異なるものの、新たに導入するルールは2省で足並みを揃えた。

迷惑メールの基準とは、何なのでしょうか?SPAMの語源となったSPAM!SPAM!の連呼と言われている。あのカロリーの高そうなハムのこと。日本ではハムのSPAMは馴染みがあまりないので、迷惑メールと言ったほうがわかりやすい。

アダルト系?バイアグラ?出会い系?これじゃあ全部エロサイト系だ(笑)。。。詐欺系のものもある。

私の基準は、求めていない情報が含まれるもの。と考えております。さらに”しつこいメール”や”件名の煩わしいもの”もありますね。

迷惑メールのおかげで、良くなったことが1つだけあります。件名を本文の見だし化することが習慣になったことです。

自分宛に届くメールで埋もれてしまうメールには、大体同じような件名だったりします。

  • お疲れ様です。
  • こんにちわ。
  • ○○です(名前)

大体こんな件名のメールが多いです。以前は私も同じような件名で送っていました。

メールを見たら、

  • 裁判所より通達

なんてのもありました。どぎつい、目を引くタイトルだと、とりあえず開いてしまいます。心当たりはなくとも・・・

迷惑メールが原因で、メールが埋もれてしまう弊害が一番大きいです。埋もれる前に到達しないメールまであったりします。

現行法で広告メールに関する規制は、タイトルや本文内に「未承諾広告」との表示を義務付ける項目だけとなっている。

のですが、承諾を承諾に変えて送ってくるものもありました(笑)最近では見かけませんが。。。

前回書いた<-->と>--<の違いみたいなものです。<-->と>--<は、同じ長さですが、未と末は長さが違います。一見、見間違えます。未承諾の意味はわかりますが、末承諾って字面的には、ある意味正しいかもしれません(笑)そこまで承諾した覚えはありませんが。

・事前承諾した利用者にのみ電子メール広告を送信できる(オプトイン)

オプトイン方式を全面導入したようですが、

「どのような内容をもって“承諾”とみなすのか」といった意見

もあるようです。私も同じく”承諾”の意味って何?と思っています。

求めていない情報が含まれるもの&多数に送信するものが、迷惑メールと考えてます。単に求めていない情報が含まれるものは、誰しもが送受信しているはず。これは1対1の場合であれば、全然問題ないです。普通のやりとりです。

一方で、1対多の場合が、迷惑メールではないでしょうか?明らかに迷惑メールとわかるものであれば、それはそれ。

どんな内容をもって”承諾”?でしょうか?内容が求めているものと合致すればいいのでしょうか?これじゃあ見るまでわかりませんね。

一方的な情報の押し売り、相手にとって有益な情報だから。。。多いです。勝手な論理展開で、振り込み詐欺ならぬ、振り込み情報?って感じでしょうか?

当分の間は、今までと大きな変化はなさそうです。

Comment(2)

コメント

毎日200-300の迷惑メールを受信しています。「未承諾」なんてついたスパムメールは1つもないですね。そもそも英語のスパマーには関係ないし。
プロバイダの迷惑メールフィルターにお任せでそのまま捨ててます。本当に必要なメールまでフィルターされる可能性がゼロではないですが。

テクネコさん。コメントありがとうございます。
確かに、海外からのSPAMが圧倒的に多く、未承諾なんて書いてないですね。
日本でも、迷惑メール送信者が検挙されてます。海外からの迷惑メールを送信元から対処する方法が無いために、受信時フィルターを通すしか方法がないのが現状です。送信サーバ側で規制もしているようですが、規制下でのサーバにしか有効じゃないです。
インターネットがボーダレスだから便利で良い半面、逆側の法的効果が面倒な部分の一番大きいところだと思います。

コメントを投稿する