オルタナティブ・ブログ > ニュータイプになろう! >

もしも洞察力があったなら……。

【広報かるた】・【き】貴社の記者、録音機とカメラ忘れたまま帰る。

»

これはもしかしたら「記者かるた」なのかもしれない。

長いこと広報担当をしていれば、こういうことって、たまにある。
会見場や、取材の時にも。

え?録音機とカメラ忘れるってなにそれ?

と、思う方もいるでしょう。

しかし、事件は、起こるときには起こるんです。

ポツネンと置き去りにされたこれらの神器を眼前に、私たちは考えます。

「大変だ。こんな大事なもの忘れちゃ出る記事だって出なくなる。早く伝えなくちゃっっっ!!」

ええ、もちろん、人さまの大事なものですから、きっとお困りだろうから、と心配しますよ。もちろんですとも。

なので、真剣に、速やかにお知らせします。そして、ご返却します。ある意味、安全にお届けします。

しかし、お互いにひやっとしますよね。ですから、なるべく退出時に「お忘れ物はないですか?」とお声掛けするように努めています。この時、私たちは「クリアランス」という言葉を使っています。「クリアランスしましょう」というと、お部屋に忘れ物がないかどうかの二重チェックを行います。

とにかく、記者・編集者方々の大事な道具ですから、私たちも丁寧に扱います。そういう意味では、安心して忘れて行ってください。

いやいや、違う。

お忘れ物などないように、お気をつけてお帰りくださいませ。

20130312_1437



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する