オルタナティブ・ブログ > ニュータイプになろう! >

もしも洞察力があったなら……。

【番長と遊ぼう】死ぬまでに成し遂げたい3つのこと

»

番長と遊ぼう企画。やわらかめのネタで。

 

死ぬまでに成し遂げたい3つのこと・・・

死ぬまでにって、いつ?一応、平均寿命に近い、80歳としよう。
アラフォーの今はちょうど折り返し地点。つまり、「ニュータイプになろう!Part2」なのだ。

この先40年の人生第2走で成し遂げたいことを3つ、考えてみる。

1)本を書く
皆に喜ばれる本を出す、といったらおこがましいだろうか。自分の専門分野をもっと突き詰めて、多くの人たちに新たな視点を醸成することができたら、これぞ社会からの承認行為であり、自己実現そのものではないかと思う。体裁は紙の本なのか、電子の本なのか、この先40年で起こるだろう様々な変化にのっとって、その時点で主流の媒体に載っていれば、それでよいと思う。

2)ピアノを手に入れる
ちなみに私はピアノを弾けないので、贅沢な話なのだが、とあるピアノを手にしたい、とハタチの頃から思い描いていた。だったら買えばいいじゃん、と皆さんおっしゃるが、予算もさることながら、その道での活躍が伴わないと楽器に失礼、な気がする。そのピアノに失礼にならないような活躍を続け、いつの日か、そろそろいいんじゃない?と思えたらいいな、と思う。

3)勉強を続ける
成し遂げたいこと、とちょっと違うが、生涯是勉強を続けたいと思う。仕事をし、本を読み、講義を受け、演習をし、対話をし、見聞を広げ、そして、私よりも何歩か未来に向かっていく若い世代に、必要なことを何か残すことができたら、生きててよかったのだ、と思う。97歳(もうすぐ98歳)でなお現役の日野原重明先生(聖路加病院)が日々続けていることを知り、最近はつとにそのように思うのだ。


あれ?結構まじめに書いちゃったな。

Comment(9)

コメント

小堀吉伸

玉川さん、おじゃまします。


>3)勉強を続ける
恥ずかしながら、私は40を超えてからの実行なので、かなりロスしたと悩んだ時期があります。
でも家内から気づいたときが始める時って言われて、悩みが軽くなりました。
なので、羨ましいですよ。


日野原重明先生は、林檎の木を植え続ける「マルティン・ルター」的で私も私淑してます。

>3)勉強を続ける

チーフタンズという、アイルランドのおじいちゃんバンドのメンバーも、ご自身の専門分野を学び続けているそうです(DVDで観た)。学び続けること、歩み続けること、が生きているってぇことかもしれませんなぁ。
(と、ワタシもまじめに書いてみる)

>2)ピアノを手に入れる
私は電子ピアノを買って、練習しようと思っているところです。一緒に始めましょう~!

NewTama

小堀さん、

コメントありがとうございます。「いつでもいい。思い立ったときがちょうどいいとき」と先輩から学びました。「xxxしなかった」と後悔する時間こそもったいないと、最近特に思います。

またよろしくお願いします。

NewTama

ばんちょー。
最近不思議と出会う先輩の面々から「還暦だけど、心はハタチ」というような趣旨のことを聞くようになりました。ひまわりが常に太陽に向かうように、いつになっても、前に向く、というのはいいことですね。

NewTama

マリコさん、
はい、一緒にはじめましょー。

barefoot.com
「死ぬまでにやっておきたいことリスト」共有サービスがあるようです。

barefootlist.comでした....

NewTama

masahiroyさん

ありがとうございます。参考、いや、活用させていただきます。

コメントを投稿する