オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

TV『のだめ〉補足、竹中直人のシュトレーゼマン

»

学習院講演のあと、演劇専攻の佐伯教授が少し話された中で、僕のTV『のだめ』についての話を引き取り「竹中のあからさまなガイジンの演技は、今まで誰もやらなかったことで、彼の仕事としてもいちばいイイ」と語られた。
演劇論としてどうかは僕にはわからないが、同じように感じていた人はいたんだなと思った。この点については、たしか他でも少し書いたが、あらためて補足しておきたい。
高い鼻まで作ってヅラかぶって「○○デェスカー?」などとワザとらしくやりきる竹中のシュトレーゼマンが出てきたとき、僕は大笑いしながら、これでこのドラマは「何でもOK」になったなと思った。あそこまでやってしまうと、ドラマの中のリアリティの水準、演技や架空性のチューニング・レベルは、もう目一杯敷居が下がってしまう。あとは何やっても「範囲内」な感じになるのだ。
その上で、マンガ原作のギャグそのままを映像化するような無茶ブリな演出を強行し、それと同時に、意外なほどしっかりとクラシック演奏の場面を徹底した。最後のブラームス1番なんて曲を、もともとコメディで逃げてもいいところを、あそこまでしつこくキチンと再現して聴かせたのは、マンガもクラシックもバカにしていないスタッフの愛情を感じる場面だった。そこまでやったからこそクラシックCDの売れ行きが、このドラマによって上がったのだろう。昔なら信じられない事態=マンガやTVを「バカにしない」態度の共有が、アニメ・マンガがこの国で基礎教養的な存在になっていることを意味しているだろうと思う。
そういう意味で、今やクラシック界からマンガ原作のコメディTVドラマに積極的に協力してもらえる時代になり、音大生までファンをもったのは、あきらかにこの国のクラシック=ハイアートと、マンガ、TV=マスカルチャーの互いの敷居が下がり、「開いて」しまったことを意味する。本当は、そのことに「誰も驚いていない」ように見えることにこそ、驚くべきだろうというのが僕の観点なのだった。
これは、この国の文化状況のジャンル間流動性みたいなものを示しているんじゃないだろうか、というようなことを示唆したかったのだった。

つまり、マンガ・アニメを含む大衆文化をとらえ評価する知的な枠組の問題なんだっていいたかったんだね。

Comment(6)

コメント

誰の文章だか忘れましたが(山本七平か丸谷才一だと思います)外国人のインテリ(大学人)から

「日本でいちばん驚いて、好きになったのは、赤ちょうちんの店です。あそこに大学教授も普通のサラリーマンも肉体労働者も入って、肩を並べて一杯飲んで、プロ野球の話題で盛り上がるんですよ。私の国(英国?)では層が違えば飲む場所も話題も別。考えられない」

てなことを言ってたそうです。
大衆文化とインテリ文化の敷居の低さ・・・これも国だけじゃなく、時代の変化とか、例の「手塚治虫がいたかいないか」もあるので一概に言えないでしょうけど、何かのポイントがあるのですかね。

マンガやTVを「バカにしない」態度の共有
→ハイアートとマスカルチャーの互いの敷居が下がり「開いて」しまった
→この国の文化状況のジャンル間流動性みたいなものを示している

興味深い論点になりそうですね。

手塚のもっていたようなコンプレックスが
解きほぐされていったのは、
世代や時代が変わったからなのか。
他にも要因があるのか。
海外の動きと比較したらどうなのか。
角川的なメディアミックスとの関連性は。
……いろいろ疑問もわいてきました。

花園大学『キャプテン翼』高橋

『のだめ』の欧州編をスペシャルドラマで正月にやるらしいですね。欧州の友達とかはどんな配役になるんでしょうね。竹中シュトレーゼマンのような感じの外人たちになるのか…でも…どうなんだろう…

風仙

ウエンツ瑛士とベッキーが出るようですね、アパルトマンの住人として。
ということは欧州編はフランス語でなく、日本語で通そうっていう魂胆ですかね。

欧州編、噂は聞きました。僕としては竹中一人だけ「ヘンなガイジン演技」で押し通して、あとはホントに向こうの俳優使って、徹底的にヘンな演出+リアル欧州で押し通してほしい気がするんですが、そこまでできるかっていうと、ちょっと無理かなと・・・・。

はじめてコメントします。
ドラマ冒頭なんかでは、子供のときの千秋が流暢な英語で心の師、ビエラ先生と話したりしていますよね。
ビエラ先生を演じているのは、2003年からチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任している、ズデニェク・マーツァル(Zdenek Macal)という現役の名指揮者。
一方、竹中直人はウソ外人という極端な対比は、さらにおかしさを倍増します(笑)。

コメントを投稿する