オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

IBMのサーバー事業が中国のレノボに売却されて困る理由

»

IBMのx86サーバーのLenovoへの売却によるユーザーへの影響は限定的と思える。

ちょうど10年前の2004年、パソコン事業売却の際にはグローバル企業を含む大企業に激震が走った。そもそも現在世の中にあるPCは(MACを除いて)IBMが創ったとも言えるくらい、IBMの影響力が高かったものである。
IBMがPC開発に際して、それまでの全て自前で開発する方針を変えてインテルのCPUとマイクロソフトのOSを採用。更には、自社技術の漏洩に神経を尖らせていたはずにもかかわらずPCの仕様を公開した。それによって、IBM-PC の互換メーカーが数多く登場した。HPやDELLもそのひとつである。マイクロソフトもこの波に乗って大躍進することとなったことは言うまでもない。

そんなIBMのPCブランド、特にノートPCの ThinkPad は、多くの企業で社内標準PCとして採用されていた。そんな状況での突然のPC事業全体のレノボへの売却であった。

当時、日本の大企業はもちろんのこと、アクセンチュア等の "業界をリードする"、いやそれ以上に ”企業のIT化推進を導く”役割であったグローバルコンサルティングファームもThinkPadを標準PCとしていた。そんな企業のIT部門に激震が走ったことは言うまでもない。
メンテは大丈夫か? 今後の導入PC の見直しは?と。

結果は若干のリスク分散の意味合いでの複数メーカーを標準PCとして採用するという流れは生まれたものの、今だにグローバルカンパニーや日本の大企業は ”Lenovoの” ThinkPadを採用している。
問題となるような品質低下も無く、メンテナンス体制も維持されたということだろう。当時のレノボって何者?状態でも大丈夫だったのである。

基本的にはPCと同様の構成のx86サーバーの売却先が得体の知れない企業や勝手に独自色を出したがる日本企業ではなく、IBMからPC事業をスムースに引き継ぎ、その後も世界の主要PCメーカーとして成長を遂げた Lenovoであったことは既存ユーザーにとって、品質やメンテの心配が極めて少ない歓迎すべき結果であったと言えるだろう。

Comment(5)

コメント

問題はセキュリティ

サーバーはどうなるかわかりませんが、ThinkITPadはLenovoに売却された後、NHK]ニュースにも出ていたように、Baidu IMEプリインストールでセキュリティに不安になりました。他国では、以下のニュースも出ているようです。

イギリス、オーストラリア、米国、カナダ、ニュージーランドの諜報・防衛機関の機密情報を扱うのに使用するネットワークでは、安全性への懸念から、レノボ製 PC の使用を禁止へ
http://rocketnews24.com/2013/08/01/355285/

サーバがどのようなことになるのか注目しています。企業で個人情報や機密情報を扱うサーバはLenovo製を使うのに勇気がいるようになりそうです。

taka

Lenovoに移行後、プロダクトを乱発し、品質やサポートは確実に低下しています。
最もダメージを受けたのは、IBMブランドを好んでいた企業や一般ユーザー達です。
Lenovoは貴重なスポンサーでしょうし、下手な事は言えない立場なのでしょうが、私の知っている取引先企業はLenovoを選択肢から外しているのが現状です。
また、Lenovoに限らず中国発のプロダクトは、「深刻なリスク」が潜んでいますので、よっぽど予算が限られている場合でない限り、Lenovoサーバを納入する企業は存在しないでしょう。

"問題はセキュリティ"さん
"taka"さん

コメントありがとうございます。
確かにLenovo のPCのChipにも通常のセキュリティ保護をバイパスできるバックドアが仕掛けられているとして、各国の諜報機関や政府機関などで使用禁止とした、という報道が昨年2013年夏にありましたね。 ただ、その後の続報がないままウヤムヤになっているように見えていますけれどどうなったのでしょうね。 それよりも、スノーデン氏による米国NSAによる盗聴、情報収集の暴露のほうが真実味があったので、レノボのPCチップ問題はかき消された感があるように思っています。 Baidu IMEプリインストールの件は、Lenovo単体というよりも中国含めて海外製品を使う際の懸念事項のような気もします。 このあたり、PCもサーバーも含めて、今後日本の企業がどのようにリスクと捉え、対応していくのかが気になるところです。(ハードウェアだけでなく、ソフトウェアや各種クラウドサービス、オフショア開発、オフショアでのBPOも含めて)

TETSU

パソコンについては、確かにIBMがやったことは大きな意味がありますが、PCサーバーについてはどうだろう?
PCサーバーが普及した時は、既にIBM PCがデファクトって時代ではなかったような・・・コンパックあたりが、安いPCの部品を使ってサーバーにも使えるようにして、IBMはどっちかというと後追いに近かったような気がします。
もちろん、PCでないサーバーの技術力があったので、それをPCサーバーに流用するなどあったと思いますが・・
既にクラウド時代になっていて、PCサーバーに独自技術の必要性が下がってきたというのが売却の理由なんでしょうね。

でも、IBMはサーバー管理系のソフトも持ってたと思うが、こっちは売却してない?ようですね。

Narisako

たしかに。
このあたり、(現役の)IBMの方にコメントいただきたいところですね。

コメントを投稿する