オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

VMworld 2013 レポート #3 EXPO (展示会)

»
2013年8月25日から29日までSanFranciscoで開催されたVMworld2013のレポート#3、EXPO(展示会)編です。

第1回、第2回はこちら→ VMworld Report #1 , VMwrold Report #2 

展示会には200社を超える企業が出店。会場中心部にVMware、EMCを含む大手企業が陣取り、左右の端に新興のスタートアップ企業の小さいブースが並んでいた。

Evernote_camera_roll_20130830_17262

VMware社のプライベートイベントではあるが、ハードベンダー、Microsoftを除くソフトウェアベンダー等はVMwareと競合しないため、VMware製品と密接な関係がないような製品、サービスを持つ企業の出店が多いことがこのイベントの特徴である。Oracle等のイベントとは異なり、シリコンバレーの動向、特に仮想化やクラウドの動向を知るには絶好の機会と言える。

出店で目立った製品、サービスのカテゴリーは以下である。
  1. マルチクラウド管理およびクラウド間マイグレーション
  2. スケールアウト型ストレージ
  3. クラウドセキュリティ
  4. SDN、ネットワーク仮想化関連(VMware NSX対応製品含む)
======
1. マルチクラウド管理およびクラウド間マイグレーション
  • VMwareおよび他社のハイパーバイザー、Amazon EC2を含むマルチクラウド環境において、システムを移行したり、統合管理したりするツールおよびサービスのカテゴリー。
  • 方式は、AWSや各種HyperVisorのVMイメージを抽出し変換するコンバーター方式や、アプリケーションプログラムのみを移行する方式など様々。また、ソフトウェアとして提供するだけでなく、SaaSサービスとしてのみ提供するものもある。
  • 集中管理の方式も、独自の集中管理用の画面(コントロールパネル)やシステムを持つものから、VMwareのvCenterのPlug-inとして提供するものまで様々。
Evernote_camera_roll_20130830_17445
このカテゴリの主な展示企業は以下。

RiverMeadow
Cloud Migration SaaS
AS-IS Migration を完全自動で高速に実施
HyperVisorニュートラル
Win&Linux対応

CLIQR Technologies
オンプレミスベアメタルを含む各種クラウド間のマイグレーションをアプリレベルで行う。
スクリプト、コーディング、VMイメージ作成など不要。

HotLink
vCenter のPlug-in でAWSとの双方向マイグレーションと管理を実現。
プライベートクラウドのAWSによるBCP/DR(災害対策、事業継続計画)を全面にだしていた。

VMUNIFY
AWS, Azure, VMware, Hyper-V を統合管理するツール

Racemi
SaaS型クラウドマイグレーションツール

======
2. スケールアウト型ストレージ
  • 方式は様々であるが、従来のSAN、NASのような中央集中型ではなく、1〜2Uの専用機または汎用サーバーのローカルストレージをソフトウェアで束ねて大きな仮想ストレージ化し、各コンピュートから共有できる仕組み。
  • EMCの子会社であるVMwareが、EMCの主戦場である高価な中央集中ストレージ(SAN、NAS)に対抗する次世代型のストレージの展示を許していることが興味深い。また、それだけでなく、VMware社自身もこのスケールアウト型ストレージの領域の製品発表を行っている。(後述)
  • ローカルのディスクは、SATAのHDDからPCIeのSSDまで多岐に渡る。また、Read Cache / Write Cache としてHDDを補完するためにSSDを搭載したものから、ALL SSD(ALL FLASH)としたものまで様々な製品がある。
  • 昔からある OpenStack Swift 等もスケールアウト型ストレージと言えるが、最近の製品のほとんどはBlock Storageでそのまま仮想サーバーから通常のストレージとしてアクセス可能であり、データベース等にも利用できるようになってきている。 オブジェクトストレージのコストでブロックストレージを構築することが実現しつつある。
  • VMwareから発表された Virtual SAN (vSAN)もこのカテゴリと同様のことを実現している製品。
Evernote_camera_roll_20130830_17420

AVERE SYSTEMS
スケールアウト型NAS

Coraid
スケールアウト型ストレージ
SSDでCache

Violin
スケールアウト型ストレージ
ALL SSD
筐体上蓋を開けてホットスワップ可能だが、作業時手が熱いらしい。

PURE STORAGE
スケールアウト型ストレージ
ALL FLASH
Violinの競合製品

pernixdata
スケールアウト型ストレージ

Actifio
バックアップなどのコピーデータストレージ
ハードウェアアプライアンス

また、ストレージだけでなく、コンピュート(CPU&Memory)もセットでALL-IN-ONEアプライアンスとしたものが以下。

Nutanix

nebula
元NASAのITのCTOが立ち上げたクラウドアプライアンスメーカー

更にそれらをDBに特化したものが以下。

Clustrix
Scale-out型のDBアプライアンス。MySQL互換。
NutanixのDB版のようなもの。SAN Storage不要でローカルディスク、SSDを使い Scale-out型のDB機能を提供。

======
3. クラウドセキュリティ
  • セキュリティ関連も数多くの出展があったが、ネットワークセキュリティ、ID管理、LOG分析など多種多様だった。
  • 時間が無く、あまり多くはまわれず。

ALERTLOGIC
Security as a Service
IDS, Web Appl FireWall, Log分析のSaaS

======
4. SDN、ネットワーク仮想化関連(VMware NSX対応製品含む)
  • SDN関連は、SDNそのものというよりも、NSX対応製品として数多くの企業が出展していた。
  • また、シリコンバレーや台湾勢のスタートアップのSDN対応ネットワーク機器(ハードウェア)も数多く見かけた。

embrane
SDN

cumulus networks
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する