オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

VMware社 VMworld2013 レポート#1

»
San Francisco の MOSCONE CENTER のほとんどを貸し切って開催されている VMware社のプライベートイベントであるVMworld 2013 をレポートします。

来場者数2万名。日本からの参加者300名。
カンファレンスは参加費2000ドル(宿泊、交通費含まず)。半分の1万名が参加費を払っているとしても20億円の売上となる規模。
展示出展者数250社。とてもVMware1社単独でのプライベートイベントとは思えない規模。そして熱気もすごい。 B2CではなくB2Bの会社なのに!です。

Image_4

発表製品は、以下。


Virtual SAN 1.0
ローカルストレージを使い低コスト高パフォーマンスなシェアドストレージを構築する製品。2014年上半期に出荷予定。


VMware NSX Network Virtualization
既存の物理ネットワーク上に仮想の抽象化したネットワークを構築する製品。VMware virtual switch の拡張として実装され、全ての既存のネットワーク機器で稼働する。 2013年Q4出荷予定。 旧Niciraを統合した製品だろう。


Hybrid Cloud Suite
VMwareは、Hybird Cloud Service Business Unit で、ハイブリッドサービスを開始する。ホスティングプロバイダー Savvisと協業し、ハイブリッドデータセンターサービスも提供。


vSphere 5.5
キーワードは ”2x”。スケーラビリティの各種制限が緩和され多くが2倍となった。
Maximum RAM per host 4 TB (was 2 TB)
Virtual CPUs per host 4096 (was 2048)
NUMA Nodes per host 16 (was 8)
Logical CPUs per host 320 (was 160)
VMDK files of 64 TB file size for VMFS5 and NFS


vCloud Suite 5.5
vCloud Automation Center がスタンダード、アドバンスド、エンタープライズエディションで利用可能。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する