オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

日本と欧米のオーケストラの決定的な違いとは

»

日本のオーケストラと欧米の一流オーケストラの決定的な違いは何か?
 
2011年2月2日の日経夕刊に、サントリーホール館長であり、国際的に活躍するチェリストの堤剛さんの記事が掲載されていました。
 
日本のオーケストラが欧米と違うというその原因とは、
「室内楽のトレーニングを十分に受けていないことに起因しているのではないか」
 
室内楽とは、2人から10人くらいまでの人数で、アンサンブルをすることを言います。
 
海外では、週末になるとプロもアマも誘い合って弦楽四重奏や五重奏などを演奏するそうです。
そんなに大勢の人が集まらなくても、そこいる楽器が出来る数人で、豊かなハーモニーを楽むことができるのです。
だから室内楽が生活に根付いているのですね。
 
しかし、日本ではオーケストラは知られるようになっていますが、室内楽となるとたくさんの集客は難しく、「日本の弦楽四重奏団で、演奏だけで生活できている人はほとんどいません」
 
そういうこともあって、室内楽をする人が少ないのが現実なのです。
 
「室内楽は演奏するものにとっての基本。お互いの音を聴きあって、音楽の構造を理解するための最高の訓練になる」
 
さらに、日本の若手の演奏家に対して

『自分がうまくなりさえすればいいといった気質を感じる。私としては芸術を幅広く学んでほしいし、音楽でどう人類に貢献するのかといったことまで考えてほしい』
 
と堤さんはおっしゃいます。
 
音をお互いによく聴くこと、そして、さらにお互いに影響を与え合うことで、良いアンサンブルができます。
これは、単に技術がすごいから、とか、才能にあふれているから、だけでは出来ないことです。
 
隣人がいるからこそ、ハーモニーが出来る。
それ気がついたとき、素晴らしい音楽が生まれるのです。
音の世界だけではない、様々な世界に通じることなのだと思っています。

Comment(6)

コメント

高校で室内楽部だったので思わず反応してしまいました。
高校だとオーケストラはあまりなく、吹奏楽・管弦楽あたりだと思いますが、うちの高校は吹奏楽部と室内楽部で、吹奏楽部は100人くらいいたのに、室内楽部は10人くらい。。
でも、室内楽っていいのですよ。誰かがパッヘルベルのカノンを弾きはじめるといつの間にか皆が参加して、という感じに、誰かが何かを弾きはじめるとすぐに合奏が楽しめる規模なのですよね。ジャズやブルースのセッションみたいな感じで。
管弦楽くらいになると誰かが指揮をとらないとまとまりませんものね。
まあ、だからといってレベルが高かったわけでは無く、ほとんど全員素人でしたけど・・・。

私が学生の頃、音大出身の人は、オケ慣れしてなくて、楽器は上手なんだけど、オケで弾いたり吹いたりするのに慣れていなかった人が多かったですが、今はどうなんでしょうね。私の出身高校(都立新宿高校)は、管弦楽部と音楽部(合唱部)だけで吹奏楽部はありませんでしたが、音楽の野村満男先生(現、東京コレギウム顧問)は、2年生の音楽の授業でαとβと言う2つのコースを用意して、βコースは、初心者でも弦楽四重奏をするという内容でした。アンサンブルの楽しみを伝えたかったそうです。そのための楽器を学校の備品として用意された先生は素晴しかったし、そのおかげで管弦楽部も維持できたわけです。私はαコース(スコアリーディングと自由演奏)で、バッハの音楽の捧げ物やモーツァルトのジュピターなどのスコアリーディングの勉強がとても興味深かったことを今でも覚えています。ちなみに管弦楽部の創始者は、作曲家の池辺晋一郎氏です。また作曲家の坂本龍一氏も新宿高校の出身ですが、彼は音楽部でピアノ伴奏をしていたそうです。

小俣さん
そうなんですよ。室内楽だとちょっと人が集まれば出来る曲がいろいろとあるのですぐに音楽になるんですよね。これがいきなり「マーラーの9番やりたい」ってなると、まず人数や楽器、パート譜をそろえなくてはならないですからね。だからと言って、室内楽がオーケストラに比べて音楽的に浅いということは全くない。「室内楽部」というのはこれまたいいですね!合唱もそうなんですけど、だれかが音頭をとるとスーッとそこでハーモニーが出来る。音楽が出来る。室内楽は生活に密着しやすい音楽なんです。もっと皆さんに楽しんでもらいたいですよね!

IBM developerWorks Japan 編集長さん
ピアノは一人でする楽器なので、下手すると在学中アンサンブルの経験がないまま卒業してしまう人もいる。そのため私の出身音大では「合唱」は必須科目でした。合唱の単位をとらないと卒業できないんですよね。ただ、堤さんがおっしゃるとおり個人の技術を磨くことに目がいきがちではないかと思えます。しかし都立新宿高校は素晴らしい先生がいらしたのですね!初心者でも弦楽四重奏やスコアリーディングなんていいですね~。音楽に対する抵抗感が一気に吹き飛ぶようなすごい内容だと思います。そして、生徒たちのために管弦楽を維持された先生のご努力と情熱は、想像できるだけに頭が下がります。

私の楽器(バスーン)の師匠は、元東フィル首席だったI先生ですが、先生のレッスンではしばしば楽器を下ろして歌ってみろと言われたことがありました。自分の声で歌えない(表現できない)のに楽器で演奏は出来ないよと。シベリウスの交響曲第2番の第1楽章冒頭のソロで、それを30分ばかりやらされたことは今でも良い思いでですが、以来、絶対なる自信がつきました。アンサンブル力をつけると同時に「歌心」も大事にしていないといけないですね。

IBM developerWorks Japan 編集長さん
それは良いレッスンをお受けになられましたね。一曲仕上げるというより、作品のある部分だけを深く追求する。先生も受ける生徒を見て行うことです。そこに伝えたいことの大事なエッセンスがぎっしりとつまっています。器楽はともするとメカニックに比重を置いてしまいがちなのですが、「声にする」ことで深い気づきがありますね。人間の声とはなんとエモーショナルなものなのだろうと思います。

コメントを投稿する