オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

叱られてもいいんです 「3人の友を持っていますか?」

»

できないことや、失敗することがあれば、当然「叱られる」ことも多くあります。

普通2~3歳からピアノを始めなくてはならないところ、私は9歳から始め、しかも不器用で出来がよくなかったせいもあり、レッスンではよく叱られました。
レッスンで先生に叱られ、付き添いで来た親にもその後叱られ・・・。
それでも嫌になって辞めないでいたのは、音楽に何かのご縁があったのだと思います。
その時から、叱られたり、人前で恥をかくことは仕方ないと諦めました。
 
そして大人になってから学んだのは「叱られ上手」になること。
 
ただ、相手が感情的になって言われているときは、こちらに非があるとわかっていても、腹が立つこともあります。
そんなときは、黙ってゆっくり10数える。そして相手が全て言い切るまで待つ。
もし、説明が必要ならば話をしなければなりません。そのとき「教えてくださりありがとうございました」という気持ちを忘れなければ、相手との状況がさらに悪化することはないと思います。
 
そこで自分まで怒ってしまったり、やる気を失ってふてくされてしまっては、「ああ、この人は言っても無駄だ」と思われ、もう二度と叱ることはしなくなるでしょう。そうなれば、成長の芽は止まると思っています。どんなに理不尽なことを言われたとしても、もう一度冷静になって時間をかけて考えてみると、自分のほうにも落ち度があることに気がつくこともあります。
 
野村克也さんが『人間3人の友を持て』とおっしゃっていました。
 
原理原則を教えてくれる人。
師と仰ぐ人。
直言してくれる人。
 
人は、年をとればとるほど、偉くなればなるほど、叱ったり直言してくれる人はいなくなってきます。相手が気持ちよくなる話しかしてこない。
 
自分が違和感を感じる人、叱ってくれる人こそ、実は大事な人なのかもしれません。

Comment(2)

コメント

ardbeg32

しかし私のようなダメ人間は、類友でダメな人との付き合いが多いせいか、相手が言い切るまで待って、説明をよろしいでしょうか?の「せ」の字を口にしたとたんこちらにかぶせるようにまた怒り出す人の多いこと。
感情を爆発させたいだけだとは分かっているのですが、教えてくださってありがとう、などという気持ちはかけらも持つことができません。まあそういう人とのお付き合いは遠慮すればいいのでしょうけど、リーマンともなるとなかなか難しく。

ardbeg32さん
うむむ、大変ですね・・・。

コメントを投稿する