オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

ラグビーでは意外とデータ活用している

»

 みなさん余りご存じないかもしれないが、明日8月31日からは国内ラグビー最高レベルのトップリーグの今シーズンがスタートする。

 今回のオリンピックでも、データの活用やiPadのようなモバイル端末の活用がメダルにつながったと話題になっていますが、ラグビーの世界でも個々の選手にGPSをつけて試合中の行動データを収集するという、まさにビッグデータを活用した世界があるようです。とはいえ、データ分析すればそれで勝てるようになるのかというと、かなり難しい面がありそうなのがラグビー。あれだけ、人と人とのコンタクトがありメンタルも人間の体力も重要なスポーツだと、シミュレーションするのはかなり難しそうだなと思ったり。

 ところでオリンピックの東京招致はまだまだ難しい面がありそうですが、ラグビーワールドカップは2019年にこの日本で開催することが決まっています。あまり認知度が高くないようなので、もうちょっとこのブログでもアピールしていきたいなと思ってるところ。とはいえ、私はたんなるいちラグビーファンであり、ラグビー協会なりとなんら関係があるわけではありません。

 じつは、日本でワールドカップを開催するには、いろいろと国内環境を整備すべき事柄があったりもするようです。国内ラグビーの聖地といえば、外苑前の秩父宮ラグビー場なんですが、これが国際試合をやるにはちょっとレギュレーションを満たしていない。ナイターも暗いし、観客席数も少ない。なので、これは改修する必要があるようです。レギュレーション的には、国立競技場でもダメそう。であるからして、東京でオリンピックの開催を決めて、まずは国立競技場を国際レベルで通用するスタジアムに改修し、それをラグビーワールドカップでも利用するという思惑もあったりも。このシナリオは、上手くいくのだろうかとかなり心配。

DSC 1482

 もう1つの不安材料が、ラグビージャパンの実力。いまのところ、ジャパンはワールドカップに出場を続けているのですが、いまだほとんど勝ったことがない。アジア予選はダントツで突破できるのだけれど、そのあとの予選リーグを突破できず、決勝トーナメントに出たことがない。なんとか2019年までに実力を上げていけるのかというのが最大の課題。でも、いいところまではいってると思っているんだけどなぁ。あとは、強いチームにも勝つという「癖」みたいなものがいるのではと。

DSCF6021

 とにもかくにも、ラグビーは観ていて面白いスポーツなので是非一度スタジアムでの観戦をお薦めします。チケット安いし、さいわいにしてそれほど混んでいないので、当日思い立っても席は確保できます。明日から開幕で、2月くらいまではほぼ毎週土日には試合があります。私も、時間が許す限りは生で観戦を予定。もし興味のある方は、ご連絡いただければ一緒にスタジアムでビールでも飲みながら楽しく観戦しましょう。いい加減で偏ったルール解説でよければ、私がぶつぶつ隣でつぶやきますので、観戦初心者も大丈夫。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する