オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

Macもなんだか普通のPCになりつつあるのだなぁ

»

 Appleはこれまで、たしかにあまりウィルスというものについては注意を払っているようには見えず、むしろ無頓着にさえ思えるところもあった。

 とはいえ、なんとなく不安もあったので、今年Macbook Airを買ってからすぐに、Symantec Norton Anti-Virusは購入した。ところがしばらくこいつを使っていて、リアルタイムスキャンとTimeCapsuleがどうも相性がよろしくない。ということで、じつはリアルタイムスキャンを切ってしまったのだった。まあ、とりあえずしばらくはこのままでいいかなぁ、そのうち解決するかなぁとか思っていて、今日までそのままになっている。

 そうしたなら今日、こんなニュースが。

 うーむ、ということは、やっぱり危険があるのねと改めて認識した次第。まあ、Mac自身がウィルスに観戦しなくても、Windowsのウィルスを配ってしまう可能性があるので、対策はもともとしっかりとしておくべきであるのは間違いないのだが(ちなみに、メールサーバーではウィルス対策しているので、一応自分がウィルスをばらまく可能性は低いはず。

 とはいえ、Macのウィルス対策の話題に触れて、なんだかだんだんMacもWindows PCのように、いろいろなことを気にしなければならない普通のPCになってきているのだなぁと、変に感心したりする自分もいるのだった。

Comment(4)

コメント

ヒビキ

こんにちは。
携帯電話(スマートフォント?)でさえウィルス感染の危険性が指摘されているので、
MAC でもウィルス対策が推奨されるのは当然の流れかもしれませんね。

つまりそれはユーザーが増えてきたということではないでしょうか。ユーザーが少なければウィルスを作る人も関心を持たない、なんてちょっと乱暴かな?

削除されたようですね。一応、メーカー別では上位にランクインするくらいになっているわけですから、注意を喚起するくらいはごく普通の話だと思いますが。

みなさん、コメントをありがとうございます。EM・ONEを使っていた頃は、たしかにウィルスちょっと気になっていました。そう考えると、おいおいiPhoneもケアしないとかもしれないですね。

しかし、話題になったあとに当該のコメントをひっこめるっていうのも、Appleいかがなものかとは思いますね。ちょっと対応、慌てたのかなぁ。

コメントを投稿する