オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

この程度のことならば、Accessを移行するより一から作るほうが良さそうだ

»

 今年の初め頃からMacBook AirでMacユーザーの仲間入りをしてから、普段のほとんどの作業はMac上で行っている。しかし、唯一Windowsから抜け出せないのが請求書、見積書の発行作業だ。

 なぜなら、それに利用しているのがMicrosoft Accessベースの仕組みだからだ。で、代替えのものはないかなと探しているのだけれど、(自分にとって)なかなかいいものが見つからない(もちろん、立派なものはそれなりにあるのだけれどね)。

 そんなに大袈裟な仕組みでなくていいので、一覧管理と自分が思った通りの書類が作れればそれでいいだけなのだけれど。そんななか、OpenOfficeの新しいBaseはかなり期待していて、ちょっと気になるものだった。Accessのアプリケーションごと、なんらか移行できる仕組みがあるのかなと、期待していたのだけれど、どうやらそこまで簡単に乗り換えられるという代物ではないらしい。

 記事によると、Accessからのデータの取り込みはできそうだが、それ以上は面倒そうだ。実際、自分でもWindows上でAccessのデータベースを、なんの苦労もなくBaseから参照できるところまでは確認して喜んでいたのだが。記事によれば、参照する以上のことはちょっと難しいようだ。ましてやそれをMacに持っていくと考えると、かなり手間取りそうな気になってくる。

 だったら、Accessの中身をCSVかなにかで吐き出し、それをMacに持っていったほうが楽そうだ。まあ、そもそも、それほどデータ量もないわけだし。

 Baseについては、日本語のドキュメントもまだ十分にあるとは言えない状況のように思っている。そのためもあって(完全に言い訳モード)、作業をついつい後回しにしているのが現状。Accessからの移行機能に期待していたけれど、3.0でもまだまだ面倒なら、やっぱり1から作ったほうが早そうだなぁと思う今日この頃。とはいえ、今日もやっぱりAccessで請求書を作るのだった。そこそこ使いやすいものができたら、無償で公開しようなんて構想だけはあるのだけれど。。。。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する