オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

SaaS 3.0とはなんだ!?

»

 SaaSも、今年のIT流行語の上位にランクされる言葉だろう。ところで、SaaS 2.0っていうのはあったのだろうか? そもそも、現状はSaaSのファーストバージョンであり、SaaS自体がASP型サービス 2.0かなと思っていたのだが。

 SaaSベンダーとしてはまだ日本での認知度がそれほど高くはないNetSuiteが、自社のサービスをSaaS 3.0と表現したようだ。これは、SaaSで先行するSalesforce.comを牽制するために使ったものだろう。今回開催されたプレスの説明会に参加していないので詳細は不明だが、記事やニュースリリースを読むかぎりは、Salesforce.comのサービスの一歩先を行っているというところまでは、さすがに行き着いていないのではと思ってしまう。

 両社とも、たんにアプリケーションをサービスで提供するというところから、新たにSaaS環境をプラ ットフォームとして提供するといったところに発展している。これは、双方でむしろ方向性が一致しているところであろう。Salesforce.comはJavaによく似たApex言語を新たに提供し、NetSuiteは標準のJavaScriptと独自のAPIコールで、このプラットフォームを実現するという。どちらに軍配があがるかは、双方のビジネスの今後の発展で判断することになるのだろう。10月のSalesforce.comのイベントで、CEOのマーク・ベニオフ氏は、SaaSのプラットフォームビジネスに現状ではライバルはいないと言っていたが、これでNetSuiteが名乗りを上げたことになるのか。

 それにしても、SaaS 3.0はちょっと先を走りすぎではないだろうか。しかしながら、来年はもしかすると「XX 3.0」なんていうのが続々と増えてくるのだろうか。メジャーバージョンアップをするからには、それなりの中身が伴わないと。

Comment(2)

コメント

吉川@ナレッジです。
NetSuiteには私も日本進出を期待していたのですがこのニュースをみてちょっとがっかりしていたところです。うちの後輩などは、もしかして日本では、SalesForceよりNetSuiteのほうが将来性があると予測していたのもいたのですけどね。
なにも無理して変なキーワードを出さなくても良いと思うんですがねぇ。提携相手が小粒だったとのあわせてかなり残念に思っています。

吉川さん>携相手が小粒だったとのあわせ

このあたりも、Salesforce.comは着実に大手を取り込んできてますね。Salesforceの強みは、無理してERP全域に手を広げていないところではないかと思っています。その代わりに、SaaSプラットフォーム戦略なんだろうなというところでしょうか。

コメントを投稿する