オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

Dreamforceこぼれ話

»

 サンフランシスコでのOOWの取材の前週は、セールスフォース・ドットコムのDreamforceに参加していた。ここでのこぼれ話を1つだけ。

 セールスフォースのイベントは、オラクルなどとは異なり、コアな開発技術を扱うセッションは比較的少ない。オンデマンド型サービスなので、顧客の関心は技術よりもっぱらサービスそのものの中身に向くのだろう。

 展示会は100社程度の出展で、それなりの規模を誇っていた。目立ったのがスマートフォンを用いたソリューション。日本ではスマートフォンがあまりメジャーではないので、この違いには驚かされた。数年前までの米国は、機能的には日本の二世代前くらいの携帯端末が多く、ポケットベルもまだまだ現役という状態だったことから考えると、スマートフォンは一気にブレークした感がある。たくさんの携帯電話ソリューションの会社が、salesforce.comのサービスをスマートフォンから利用するデモなどを披露していた。

 そんな出展社に交じって、日本から唯一参加していたのが日立ソフト。静紋という、指の静脈による認証技術を展示していた。静脈のほうがより偽造、改竄が難しいとのこと。ASP型のサービスでは、どんなにサーバー側でセキュリティを強化しても、クライアントの環境までは管理できない。専門の管理者を置きたくないからオンデマンドサービスを選んでいるのだとすると、ユーザーサイドで端末やパスワードの管理を複雑にするのは難しい。そうなると、生体認証のほうがセキュアで手軽なのかもしれない。

 じつは、今回この日立ソフトの出展の様子をきちんと取材できていない。というのも最終日に取材をと考えていたが、なんと最終日の展示会場のオープンが朝の7時半から10時まで。のこのこと10時過ぎに会場に出向くと、撤収作業の真っ最中。せめて午前中くらいは開いていて欲しかった。

 朝の7時半から10時というのは極端だが、米国開催のイベントは朝が早い。8時半開始のキーノートセッションに、1時間前から行列ができる。日本でイベントの企画をしていたときには、午前中は集客が厳しいからあえて夕方にキーノートセッションを設定したりしていたが、まるで状況が異なる。おかげで海外での取材の際には、夜は原稿書きで遅くなり朝は早いので、時差ぼけも相まって眠気との戦いとなるのだった。

Comment(1)

コメント

倉本 淳二

そのイベントで出展していた日立ソフトの倉本と申します。今回のイベント、実際にデモをご覧いただけるのは、セミナの間、要するに、breakfast, lunch, partyのいずれかでしたので、朝早く始まり、夜遅く終わるなかなかハードな出展でした。今回の出展は、生体認証ASPのフィージビリティスタディのつもりだったのですが、それなりに興味は持って頂けたようです。デモ等をご要望でしたら準備をいたしますので別途ご連絡をいただけるようお願いいたします。

コメントを投稿する