オルタナティブ・ブログ > 森崎修司の「どうやってはかるの?」 >

計測できそうでできない多くのこと。エンピリカル(実証的)アプローチで。

「いつでもリリースできることはとても価値があるんだよ」

»

私が学生のころ、現MIT Sloanのマイケルクスマノ教授を駅まで車で送っているときに聞いた内容。最近になって再び強く感じ始めたのでエントリにした。クスマノ氏はソフトウェアと経済について様々な調査研究をしている。

当時の学生の私に「開発を続けながらも、いつでもリリースできる状態にあるソフトウェアは、そうでないソフトウェアと比較してビジネス面で非常に優れているんだよ」と説明してくださった。最近、アジャイル開発の話を耳にするようになって、再びこの説明を思い出した。リリース時期を柔軟にコントロールできれば、必ずしも開発プロセスは限定されないのだが、アジャイル開発のメリットとして触れられたものは少ないように思う。

いつでもリリースできることは、リリースの時期を早める(あるいは遅くする)ことによって何らかの利益を生む市場において価値がある。他社より先に市場投入して、先行メリットを享受したり、投入時期を遅らせることによって、同時期に投入される予定の他のソフトウェアよりも付加価値の高いものをリリースする等だ。他にも、小さなコストで2つのリリースを1つにまとめることができたり、逆に1回のリリースを2回以上に増やしたりできる場合も同様だ。ソフトウェアの開発期間が市場投入への最大のボトルネックになっている分野では特にその傾向が強まる。また、クラウドのように、ソフトウェアの配布やリリースの負担が比較的小さな分野でもその強みは増すだろう。

全てが揃ってからでないとリリースできないソフトウェアでは、一部を過去のバージョンを使ってリリースできるようにする等の工夫が必要な時期に来ているように思う。「リリース時期の柔軟性」はソフトウェアの品質の1つになりつつあるといえる。

国内では、いつでもリリースできるソフトウェアの分野はまだ限られているが、ご自身の開発ではどうだろうか?リリースをたとえば1, 2週間の単位でコントロールするためには、何が制約になっているだろうか?やろうとすればどのくらいのコストでできるだろうか?そして、それが果たすビジネス上のメリットは何だろうか?

http://twitter.com/smorisaki

Comment(5)

コメント

ごぶさたしてます!
すばらしい内容ですね!私もまさにその通りと思ってました。
「ソースを書き始めたら、コンパイルが通らない状態でやめるのは論外、かならずそれなりにきちんと動く状態で区切りをつけて終えること。」
これを心がけることで、突然動かしたいと言われても対応できますし、プログラムの品質が上がります。頭に入っているうちに動作確認まで終えて区切りをつけるのが一番ですね。

ウォーターフォールvsアジャイルなど、プロセスについての話ではその手段ばかりが議論の的になって目的の違いについて見過ごされていることも多い様に思います。
またアジャイルコミュニティから一方的にメリットを強調されることで眉唾な印象を持たれていることもある様に感じています。
私はアジャイルを効果的に適用することを推進しようとする立場で仕事をしていますが決してアジャイルが万能だとは思いません。
ただわれわれの働きでより社会に貢献できるように、もっと本エントリの様な内容の議論が深まれば良いのになぁと思います。

小俣さま

ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
ご指摘の区切りをつけているために、ビジネス上有利になることは何かという点が大事ですね。品質が上がるというのもその1つのように思います。

Jammzさま

コメントありがとうございます。私はプロセス、技法、技術には比較的ニュートラルなスタンスでいるので、よいものであれば選んだほうがよいと思いますし、特に大きな差がなければ、好き嫌いや楽しい楽しくないで決まっても(同意の上であれば)よいと思っています。

ただ、開発対象の制約や特性によって、プロセス、技法、技術を選んだほうが関係者全員の幸せにつながると思っています。アジャイルであれば、アジャイルが向いているソフトウェアにおいて、ビジネス上のメリットを示したほうが関係者全員がアジャイルを推進できると思っています。

現時点で公開された議論はあまりないのでちょっと残念に思っています。本エントリがそのきっかけになるのであれば、本ブログの目的「気づきのきっかけを提供する」を1つ果たせると考えています。

森崎様

お忙しいところコメント頂きありがとうございます。
私も全く同じ思いでおります。
本エントリに限らず、森崎様の発信される情報からは実際の現場における問題の本質に向き合わせようとする意思が感じられ、この点がとても意義があり素晴らしいと感じています。
今後のますますのご活躍を期待しています。

コメントを投稿する