オルタナティブ・ブログ > 森崎修司の「どうやってはかるの?」 >

計測できそうでできない多くのこと。エンピリカル(実証的)アプローチで。

制約の設計力

»

ソフトウェア/システム/サービスを何らかの形で提供する場合、他のソフトウェア/システム/サービスとの境界を設ける必要がある。人とシステムの境界であったり、システムと他のシステムとの境界であったりする。境界は様々で、ユーザインタフェースであったり、通信プロトコルで定義されていたり、(人間系)手作業と自動化の切り分けであったり、契約文面や約款だったりする。

抽象度や方法もバラバラだが、境界には何らかの制約が含まれる。一般には制約を減らしたり、自動化部分を増やすと、ソフトウェア/システム/サービスが複雑になる。自動化のコストが高いため一部を人間系にしている、とか、本来であればより親切で直感的なユーザインタフェースにしたいが、開発コストが足りないので、人間がIDを覚えて、テンキーから入力する等だ。

「おぉ」っと唸らされるソフトウェア/システム/サービスには、境界の線引きが絶妙というものがあるように思う。全ての「おぉ」は線引きの絶妙さから来るのではなく、線引きが絶妙で「おぉ」という意図だ。直感的には「いい落としどころを選んでいる」という感じだと思う。その線引きの絶妙さを本エントリでは「制約の設計力」としている。

ソフトウェア/システム/サービスの実現がラクになりながらも、利用者からは大きな制約にならないというのを考えるのは、よい制約の設計といえる。とてもシンプルな例を挙げると、週1回2時間、システム/サービスを停止してメンテナンスすることにより、ソフトウェア/システム/サービスの実現がラクになる場合に、そのソフトウェア/システム/サービスが使われない時間帯(日曜日のam2:00~4:00)を選ぶことだ。ここでの実現には実装コストだけでなく、継続して運用するコストや検証、テストのコストも含まれる。

本エントリを読まれている方は、これまでにどのような制約を設計されただろうか?「我ながらこの制約はよかった」「この制約はいろんな人に迷惑をかけるだけだった」等、あるのではないだろうか。その制約はどのタイミングで思いついたものだろうか?

Comment(4)

コメント

制約の設計力ですか、面白いですね。他にも例をいくつか知りたいです。

自分の中では次です。大昔の話ですが、ある分析装置はそれまで調整のツマミが沢山ついていました(周波数を合せるのに10個のつまみを操作しなければならないラジオを想像願います)。この調整をコンピュータからおこなえるようにする装置の開発が開始されました。ここで当時のリーダーはマウス操作やキーボードからの数値入力では操作性が悪いので、コンピュータから操作できるだけでなく、オプションでつまみが沢山ならんだボックスも使用可能にしたいと強く主張しました。これに強く反対し、オプションはなしにしました。

その代わり、画面上のスライダや数値入力で調整したり、複数のパラメータを最適化する機能に加え、1パラメータを自動最適化する機能や、2パラメータをマウス操作でXY方向に動かす機能、その他調整しやすくする工夫を入れてシンプルさと使いやすさを保てたと思っています。

コメントありがとうございます。

私にとっては、昔々から感じている大きなテーマであり、
ご提示の分析装置の話はまさに制約の設計の例だと思います。ご理解いただき、別の例も挙げていただけてうれしいです。

制約設計をうまくしていると問題が起きたときの切り分けや大量のユーザを少ない手間でさばけたりして、なるほど、と思うことが多いように思います。

たとえば、
http://blogs.itmedia.co.jp/morisaki/2007/06/salesforce_d4aa.html
なのですが、他にもたくさんあります。

本エントリの制約設計の例は少ない上にしょぼいので、どこかで別のエントリにしたいと思います。

エントリの趣旨とはちょっと違うのですが「制約」が及ぼす影響と言うことで気がついたことがあります。
それは「制約」は一般的には効率に対する阻害要因であることが多いと思いますが、一方でスポーツやゲーム等の事を考えてみると「制約」がゲームを面白くしているという事実があります。
おそらくこれはビジネスや社会一般にも言えることではないかと思います。
そんなわけで「制約のバランスをとる」=「制約の設計」は世の中を面白くする上でとても重要なことではないかと思いました。

Jammzさま

ご指摘のとおりで、誰にとっても都合のよい制約をうまく作ることができれば、新たな展開があるように思います。定型サービスでの話が中心のようにも思えますが、受託でも求められる品質やコストに応じて、極めて適切な制約を作ることは大切なことではないかと思っています。

コメントを投稿する