オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

タイ国の真実らしきもの その48 タイ人にとっての新年は?

»

 今年も本日から、kdtsタイランドは仕事はじめです。
 日本のkdtsは、来週からの仕事はじめになります。
 今年もよろしくお願いします。

 さて、日本では、年末年始は、お盆、ゴールデンウイークに並んで、連休の定番ではありますが、タイの場合はそうではありません。
 今日から仕事はじめの会社が多いと思いますし、年末は今年は、カレンダーのために28日まで仕事ですが、通例であれば、30日まで仕事をする会社が多いでしょう。
 タイ人にとっての連休というとソンクラン(水掛け祭)4月の中旬ということになります。
 以前、ブログでお正月はバンコクでもお店の休みが多いと書きましたが、このところは、どの店も大手であれば、お店を開けているようです。
 昨日も、時間があったのでマーブンクローンに行って買い物をしてきましたが、中の店舗はほとんど開いておりました。
 数年前は、もっと閉まっていた(コンビニぐらいしか開いていませんでした)と思いますから、景気が良いということと競争原理が働いていて、少しでもお客を掴もうとしているのかもしれません。

 日本の場合は、田舎に帰って、同窓会とかが定番ですが(今年も出席できませんでした、同窓生の皆様申し訳ないです)タイでも田舎に帰る人は多いと思いますが、日本ほどではないようです。
 連休の間(今年は4連休でしたね)は、空いていたバンコクの道路も本日からいつも通りの渋滞となっております。

 パタヤとかプーケットで新年を迎えるというのも、楽しいのですが、バンコクでホテル等が打ち上げる花火を見ながら向かえる新年も悪くありません。
 そのうち暇になったら、チェンマイとかの田舎に行って、初日の出を見る新年を味わいたいものです。



 今日はここまで、またどこかでお会いしましょう!




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する