オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

「番長と遊ぼう!」 死ぬまでに成し遂げたい3つのこと

»

 ばんちょ~の御指示ということで、死ぬまでに成し遂げたい3つのことを書きます。
 
 きっと多くのブロガーの皆様がお書きになると思いますので少し変わった視点で書きます。
 

 まず、御指示が死ぬまでに成し遂げたい3つのことですから、いつ死ぬかを想定しなければなりません。
 
 明日死ぬ、1年後に死ぬ、10年後に死ぬ、あと50年は生きる、死なない。
 と考えてみました。

 
 
★明日死ぬ(ちょっと困りますね。)
 
何も無かったように過ごすと思います。
 
・普通に仕事をして、
 
・普通にMURAMASAで遊んで、
 
・普通にブログを書く。最後のブログは、皆様への感謝の言葉です。
 
 家族等には心配させるようなことはやらずに、家族の寝顔を見て、さよならです。
 
 

★1年後に死ぬ(余命宣言で一番悩むかな。)
 
 まず、半年で今抱えている仕事、お客様を社員に引き継ぐか、終わらせます。
 残りの半年をどのように過ごすか。
 
 ・最初の3ヶ月間は、いろいろな国を、2週間づつ回ります。
 
 ・次の1ヶ月間は、タイの田舎で自然の中、時間の流れを観察します。
 
 ・最後の2ヶ月間は、家族と日本で過ごします。普通の家族サービスです。家族旅行とか日本のいろいろな場所を巡り、飽きたら、家でのんびり暮らします。
 
 ある意味、家族とお別れする十分な時間がありますので自分の心の整理に時間を掛けますね。
 

 
★10年後に死ぬ(これは現実に近いかもしれません。)
 
 不摂生がたたり、宮沢の余命は10年と宣言されましたとさ。
 
 ・自分の生涯の代表作となるシステムの構築を目指し、日々の日常で残った時間のすべてを注いで、宮沢の中にある跳んでも企画を実現するべく、いろいろなことをする。
 
 ・自分のノウハウを受け入れられるような、能力よりも宮沢と付き合える我慢強い人を探し(選び)、どのようにして、思考し、創造していくかを偉そうに語りつくす。
 
 ・将来の後継者の為の宿題として、今はできないが将来は実現可能な事項をまとめ、将来の後継者が行き詰った時に、より悩むような資料整理を行う。
 
 10年あれば、普通の対応で家族との別れもできますし、普通にやりたいことも自然に消化できると思いますから、その手のことは敢えて書きません。
 
 

★あと50年は生きる
 
 日本医療と保険制度のおかげで宮沢は十分以上の時間を得る事ができました。50年を考えると、宮沢の頭脳は、馬鹿チンになり、老人特有のボケの症状が出てくるようになるでしょう。
 やりたい事が有っても無くても、これだけの時間があれば、心の中は整理されてくると思います。会社で一通りの仕事をこなした後の話です。
 
 ・田舎に小さな土地を買い、農家をする。自給自足の生活を目指し、お米や野菜を自分で作り、醤油や味噌も自家製とし、夜は自家製ドブロクをちびちびやって、日の暮れるのを待ちます。日本で不可能な場合は、タイの田舎で農家をするようになるかもしれません。
 
 ・たまに、生きている昔の友人とかブロガー仲間などを訪ね、昔話をする。「ブロガーの面倒をいろいろ見てくれた、ばんちょ~っていたよね。ばんちょ~はとても美人でしたよね。覚えていますか?黙っていれば、本当の美人だったのに、惜しい~、本当に惜しい人でしたね。」などなど。
 
 ・たまに。曾孫達にお小遣いをあげ、その代償として、「おじいちゃんはうるさいな」などと、毛嫌いをされる。
 
 こんな未来があれば、それだけで人生を満了したと言えるでのはないでしょうか。
 

 
★死なない
 
 誰かが発明した抗ウイルス薬が、未知のウイルスに突然変異を起こさせ、人間の遺伝子に不老不死の機能を付加しましたとさ。
 
 ・普通に生活するが、目的や目標がなく、だらだらと日々暮らす。
 
 ・たまに思い出したように何か新しいことをしようと考えるが結局挫折する。
 
 ・ふと、自殺を考えるが、「それはないな」と思いとどまり。日々を繰り返す。
 
 無限の時間を手に入れると、相当強い精神力を持っていなければ、物事を成し遂げることはできません。ある映画監督は、若い頃から自分の生涯で監督できる作品数を計算し、1つの作品毎にテーマを決めて、映画の品質を保ったという話を聞きました。
 
 ある作家が「締め切りが有るからこそ、作品は完成する。締め切りがない作品は永遠に未完のままだ。」と言うのも、もっともな話です。
 
 宮沢は凡人ですから、締め切りが無ければ、仕事を終わらせることができません。
 
 無限の時間は、少ない宮沢の才能をより薄くすることでしょう。
 今でも駄目人間ですが、本当の意味で駄目人間になってしまうと確信を持って言えます。
-------------------------------
 
 
 と、ここまでいろいろ書きましたが、成し遂げたいことではなく、であれば、別の答えが浮かんできます。

「死ぬまでに成し遂げたい3つの

・ウォズニアックに会いたい「あんたは天才だよ。本当にすごいよ。」と言いたい。
 
・昔けんか別れした親友に会ってあやまりたい。
 
・宮沢に付き合ってくれた奇特な人(読んでくれたあなた含む)の心に少しだけ居させてもらいたい。
 

 
 今日はここまで、またいつか御会いしましょう。

Comment(2)

コメント

> ・たまに。曾孫達にお小遣いをあげ、その代償として、「おじいちゃんはうるさいな」などと、毛嫌いをされる。

これが、1番グッときました。
こんな幸せな未来がくるのなら、人生悔いなしです。

ばんちょ~さんコメントありがとうございます。
どうせ死ぬなら、きれいに死にたいものです。
何の悔いも無く透き通るような魂になって死ねたら良いですね。

コメントを投稿する