オルタナティブ・ブログ > インターネット団体職員の独り言 >

インターネットとそのガバナンスについてつらつらと

僕にも映画の邦題について話させてください

»

永井孝尚さんが5月22日に、

映画「愛と青春の旅立ち」は、日本語タイトルの視点で観るのと、英語の原題の視点で観るのとでは、印象が全く違うという話

というエントリを挙げていらっしゃって、是非とも「そうだそうだ」という記事を書きたかったんです。これです。

マイレージ・マイライフという、なんとも軽薄な邦題が付いているわけですが、2月に、とある出張に行く機上で見ました。 まだ上映中なんですね。こちらが公式サイト

これ、まず最初に、出張であちこち飛び回る人間として、とても楽しめます。主人公ライアンは、一年300日以上を出張しているという設定です。AAとHiltonを多用します。マイルなりポイントが貯まりに貯まって、専用電話番号なんてものがあてがわれる(なんてこと実際にあるんですかね)くらいのステータスになっています。

出張が多いと、マイルをどうやって貯めるかって、腐心し始めるんですよねー。ゴールドを確保しておくと、Y席移動でもラウンジアクセスとバゲッジプライオリティが付いて、格段に移動が楽になります。で、もっと上のステータスだといろんな特典が加わって、やっぱり羨ましい。 ライアンの待遇は、マイラーとしてはあこがれるもの。

それだけではなくて、公式サイトの動画でも見られますが、出張のときの手際も確立してきます。何をどうバッグに詰めるか、保安検査をいかにスムーズにスマートに通過するか。この辺考えていた通りにキマると、快感です。バカみたいなんですが、この映画ではこの辺の気持ちを良く表してくれています。

ここまででも十分楽しめるんですが、本筋もとっても良くできた映画です。 主演ライアンは、ジョージクルーニー。押しも押されもせず第一人者で稀代の二枚目。脇を固める、アレックス役:ヴェラ・ファーミガ、ナタリー役:アンナ・ケンドリックも素晴らしい。ライアンが演じる、リストラ宣告人という役柄、最近の世情を反映しているというか、数例のリストラ宣告はどれもリアルな感じ。。。。

ネタバレなことを書こうとしていていましたが、止めておきます。公式サイトで参照している批評は、(まあ手前味噌ってくらいで)大絶賛ばかり。感動が感動を呼ぶようなことを書いてあるわけですが、僕は最初そこまでとは思っていませんでした。良くできているけど、コメディとして、少し皮肉っぽく雰囲気のあるエンディングだなぁ、と。

このズレはなにー、と思ったのですが、これは、邦題にあるんじゃないかと。「マイレージ・マイライフ」という邦題を持つ、この映画のオリジナルタイトルは、「Up in the air」。最初、まぁairだし飛行機話だしねー、くらいに思っていたら、成句として、「上空で」というそのまんまの意味以外に、「宙に浮いて、未定で、未決定で、 未解決で、漠然と した、はっきりしていない」なんて
意味がある。主人公ライアンが、この話のまとめとして、宙ぶらりんで未解決だと思っているとしたら、ブワッと深みが増す感じがしました。

ま、それにしても、引用されている批評は、そこまで書くかなぁ。。
もう一回見たいな。次の出張のとき機上でやってないかなー。

Comment(2)

コメント

前村さん、
TBありがとうございました。
この映画、日経夕刊で紹介されていてタイトルが気になっていたのですが、原題はUp in the airだったのですね。これは日本語タイトルを付けた方は苦労なさったでしょうね。

永井さん,ありがとうございます。

「愛と青春の旅立ち」も相当苦労しただろうと想像しますが、これもありとあらゆる候補があって選択に迷ったんじゃないかと思いますね。

コメントを投稿する