オルタナティブ・ブログ > 安藤怜のロンドン灯 >

英国ロンドン発のニュースなど

コピーライト・トラップ

»

科学誌『NewScientist』を読んでいたら、"コピーライト・トラップ"について書かれた面白いコラムを見つけました。

The word: Copyright trap
http://www.newscientist.com/channel/opinion/mg19225741.800-the-word-copyright-trap.html

まず冒頭で、"Steinlaus"について紹介しています。

THE Steinlaus - "stone louse" in English - is a rodent-like mite.
According to the German medical dictionary Pschyrembel...

”「シュタインラウス」とは、-英語で"石ジラミ"の意- ネズミのようなシラミのことである。ドイツの医学事典Pschyrembelによると・・・”

と続くのですが、この"Steinlaus"なるものは、実際には存在しない架空の生物なのだそうです。

辞書などに、こうした架空の項目を入れておくと、他社が著作権侵害した場合には、明白な証拠としてあげることが可能となります。"Steinlaus"のケースは、単なるジョークだったようですが、New Oxford America Dictionaryでは、意図的に"esquivalience"なる造語が混入されたそうです。

このほか、メーリング・リストを盗まれた場合の証拠として、架空の人名、たとえば"Jakob Maria Mierscheid"を入れておく例や、1930年代のアメリカの地図に登場した"Agloe"なる地名についても紹介されています(どちらもGoogleなんかで調べてみると面白いですよ)。

また、このコラムの落ちがなかなか利いていて、それは、「もしこのコラムをコピーしようとしてるのなら、やめたほうがいいですよ。我々のコピーライト・トラップにひっかかるかもしれないから・・・」というものでした。

Comment(2)

コメント

mohno

DOS 時代のかな漢字変換で辞書に意図的に入れた「間違い」によって別メーカーが複製していたことがバレたことがありましたね。ただ、「そんな間違いを入れておくなー」という声もあがりましたが :-)

安藤怜

私が以前所属していた出版社でも、盗用されることがありました。担当者は、「怪しい」と感じた場合は、誤記や校正ミスの部分をチェックしていたそうです。

コメントを投稿する