オルタナティブ・ブログ > やまもとりずも >

やまもと一緒にトピックの未来を探しに行こう!

アイティメディア株式会社を退職しました。

»

本日、2012年2月29日付けでアイティメディアを退職しました。新卒で入社してからほぼ3年お世話になりました。最初の2年間はマーケティング・コミュニケーション部(マーコム)で過ごし、昨年4月からは「ねとらぼ」「ITmedia ガジェット」編集部で過ごしました。

新卒から3年というのは一つの区切りではありますが、別に褒められた区切りではないというのも重々承知しています。正直、最初の2年間は自分が転職するなど考えたこともなかったのですが、30歳までの3年間をどう過ごし、その先をどう生きていくかを考えた時に、転職を選んでいました。

もともと記者をやりたくて入社したので編集部に異動できたことは間違いなく嬉しいことでした。ただ、マーコムでの仕事をもっとやりたかった。1年目に会社に慣れて、2年目に仕事に慣れて、さあ3年目というところでまた1からのスタート。取材をする相手は他社のマーコムな人たちが多く、自分がやりたかったことをやっているようで羨ましくもあり、自分ならもっとうまくやるのになあという歯がゆさもあり、悩ましい日々が続きました。

3月からは新たな職場で死ぬほど忙しくなると思いますが、余裕ができたら記事も書きたいなあと思っています。短い間でしたが、先輩に鍛えていただいたことは無駄にしたくない気持ちでいっぱいです。

自分の書いた記事を振り返ってみると、一番のお気に入りはスカイダックの記事です(それほど読まれてはいませんがw)。読者の「ここの記事が一番詳しい」というコメントが自分にとって一番のほめ言葉でした。iPhoneで撮った動画を帰り道に編集して、即行でアップするという流れも理想的だったと思います。

かわいい検索」や「ランボルギーニ」に「発話ロボット」は反響が大きかった記事です。それぞれ自分でも予想していなかったほどで、とても印象深い取材になりました。また、「韓国NHN本社」や「Cyta.jp」の取材は自分にとっても気付きの多いものでした。「うさぎ島」の取材では、自分の住むべき場所を見つけてしまいました(いつか広島に移住します)。

マーコム時代は、Twitterの社内導入(メディアのアカウント作成や運用フォローなど)を任され、2年目はFacebookの社内導入を(勝手に)やっていました。テストマーケティングで「いいね!」を集めたページが日経MJの一面で「いいね!数ランキングトップ10」に入ってしまったのはいい思い出です。

3年しかいなかったくせに、思い出すといくらでも出てきそうなので、この辺でやめておきます。社内外問わずたくさんの方にお世話になりました。本当にありがとうございました。

転職と言っても、変わらずネット界隈にいます。なんだかんだで狭い世界ですので、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

Comment(2)

コメント

藤村厚夫

お疲れ様でした。機会があったらお話でも。

山本恵太

ぜひぜひ!三軒茶屋で沖縄料理を食べながら!

コメントを投稿する