オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

地方格差をなくすためにみんなでwebでがんばろうじゃ駄目な理由を考える

»

※筆者の政治的な思想とかは特にありません。
 いわゆる脳内疑問解決、ネタの類であることを前提でお読みください。

ちょっと、日曜の朝からニュースを見て考えたのですが、
地方格差是正や、談合等々の問題を見ていて
「なんで、それでwebを活用しないの?」とふと疑問に思いました。

webビジネス(モバイルコンテンツも含む)は、
地方での経済振興に役に立つと考えます。

理由は三点
1、場所による利益の機械損失が少ない
(渋谷で開発しようが、鎌倉で開発しようができたものを発信する場所は一緒)

2、大規模な施設を必要としない
(製造業と違い工場のような初期投資の大きい大規模施設を必要としない)


3、ナレッジを学びやすい環境が整っている

(リファレンスはオンラインに大量にあり、わからなければ「はてな」「教えてgoo」へどうぞ)


他産業に比べ、これほど都会と地方のビジネスの差を感じにくい
産業もないかとは思いますが、
しかし、なぜ、webビジネスが地方の経済振興の鍵へとならないのでしょうか。

そこにはやはり「世界とビジネスをする」といった意識が不足しているのではないか
と考えます。


自分も「秋田県」の片田舎の生まれで、TV番組などで「地方格差是正」の議論のときには、
自分の地域のことを思い出しつつ聞いたりしていますが、
いつもいつも引っかかるせりふがあります。


「地方に金を持ってくる」

という表現を政治的な議論の中でされる方がいらっしゃいますが、
これは実に腑に落ちない話しだなぁと田舎者ながらに思います。

「金を持ってくる」という表現上それはつまり「すでに都会にお金がある」ことを
前提にしていて「日本国内での経済の話」と考えます。


せっかく「webビジネス」と言う世界に対して開かれた市場が
パソコンの向こうにあり、ブロードバンドの発展やPCの低価格化で、
誰でも挑戦できる環境にあるにもかかわらず、
「日本国内」の経済に閉じた議論になっているのかがちょっと疑問です、

もっと、日本全体の「webリテラシー」が向上し、
「一億総シリコンバレー状態」になったら、
地方格差なんて関係のない世界になるかとも思いますが、
やっぱりキーになるのは「国際教育」「英語教育」ですね。

「日本で閉じたビジネス」の発想に行きがちなのは、
上記2点の教育が足りないからなんじゃないかなぁと思います。


まぁ、webにかかわる産業が振興してきたのはここ数年ですから、
まだまだ悲観はしないで、これからの話なのですが、
そんなことを考えた日曜の朝でありました。

Comment(7)

コメント

b

で、なにがいいたいんですか?

N_N

ところでwebで何をやるかって事なんですが、きちんとビジネスモデルなりを考えないと、とりあえずwebで何かやったとしても何ともならないと思うのですが、どうでしょう?

自分の会社は海外へ物を売ったりする事が多いのですが、通関手続が大変です。物によっては送り返されるし。まずこれを変えて欲しかったりもします。

私の少ない頭で思いつくアイデアとしては、観光か漁業農業でしょうか?
一度、地域の農業やってる人達でweb使ったネットワーク構築してみようかと思った事もありましたが、そもそもPCを持っている人が少なかった。。。
農協という壁もありますし。
再チャレンジはしようと思ってます。

駄文失礼致しました。

工藤@一人シリコン

>>N_Nさん
地方のwebサイトで
やはり一般的なのは物販、ECが強いようです。
商品の発送自体は、N_Nさんのおっしゃるとおり
厳しいところではありますが、
アメリカで比較的メジャーなpaypalが
日本に進出してきたこともあり、
決済環境は整いつつあると予想します。

観光もコンテンツにはなりますよね。
テックに走り過ぎない
=シリコンバレーとまともな競争をしないのがポイントかもしれません。

はじめまして。
「webビジネス」というと非常に広範ですよね、、。そのビジネスのスキーム・どの部分で儲けるか、というと、おそらくかなりたくさんの選択肢があり(ECはきっとその選択肢の中の一つ)、地方の事業主が何を強みとしてwebに取り組むのかをよく考えなければならないと思います。

工藤@一人シリコン

>>nekodemoさん
コメントありがとうございます。
確かに以前に比べて「webビジネス」は
非常にビジネススキームが細分化されていますね。

nekodemoさんの言うとおり、スキームや
どの部分で儲けるかも重要ですが、
「誰をターゲットにした価値を提供するか」
は重要で、今までの自分たちの相手にしていた
地域を飛び越えた、
ターゲットを想定したビジネスを考えることが、
地方の事業主にできるかが、個人的には
ネックなんじゃないかなと思っています。

takenoko

はじめまして、webビジネスで地方での経済振興は興味深いですね。
ただ、一つ気になることがありまして、地方で事業を起こすときに人は集まるのでしょうか?

以前、地方のWebサービス関連の研究会に参加しましたが、その研究会の参加者のほとんどは他県の方でした。
かなり局所的な例ではありますが、地方でイノベーションを発揮できるような人材となると、かなり難しい気がします。
ある意味、人材の確保が一番のネックになるのでは...いくらナレッジがオンライン上にあっても、誰でもできるようなことじゃないですし。

>>takenoko
コメントありがとうございます。
地方に人はあまってはいますが、
何かしらのお題目(県からの融資を受けて~など)
がないと新規事業という存在自体をあやしまれてしまうかもしれません。

地方でイノベーションを起こす人材は、確かに少ないですが、地方と都会をうまく繋ぎ、地方にwebの生産拠点を作っている事例としては、jigブラウザで有名な、
jig.jpが好例です。
http://www.jig.jp/recruit.html
開発職の勤務地をご確認ください。

実際、こうした取り組みがあることを考えると、
不可能ではないと思いますが、難しいことは事実だと思います。

コメントを投稿する