オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

【第004話】「ブラックジャックによろしく」のフリー化に伴う日本語学習者向けバージョンの出版

»

ブラックジャックによろしくは著作権フリー化したため、

ありとあらゆる分野で流用されている。

わかりやすい例ではKindleで全巻無料で見れたりするのがその一端。


そんな中こんなのも出てきた。

電子書籍版 For Japanese Learners Edition「ブラックジャックによろしく」1巻、2巻  発売開始! 総ルビ、英語語彙訳、文末表現リスト付き

日本語学習者向けに電子書籍の形でアルクが手を加えて出版している。

特徴は以下のとおり。

【特長】
1.総ルビ対応
漢字が苦手な外国人日本語学習者のために、すべての漢字にルビをふりました。

2.英語語彙訳付き
中級以上(日本語能力試験N3以上)の語彙には英訳が付いています。また、口語表現やマンガ特有の擬音語・擬態語などにも英訳を付けていますので、教科書や学校では習わない表現を身に付けることができます。

3.通し番号付き
マンガに慣れていない外国人は、どのような順番で読み進めていいか分からないものです。そこで、正しい順番で読めるように、すべてのコマに通し番号が付けてあります。

4.文末表現リスト
「~かしら」「~じゃないか」「~さ」など、口語特有の文末表現を巻末にまとめ、解説と英訳を加えています。

これは革命的なことだと思う。

もともと翻訳版は出版社が海外の事業者と提携してやりそうなものだが、

語学教育を専門としている会社が、自社のビジネススキームを流用して、

コンテンツの再配信をしているのだ。

もう一つ、著作自体はフリー化されているので、アルクから見れば、

いくら売れてもライセンスを意識することなく提供できる。

やったもの勝ちといったらそれまでだが、

誰よりも先にこうした取り組みをしたアルクはなかなかスピード感のある会社だなと思う。

ちなみに価格は1,200円、、、なかなかどうして価格設定は強気だ。

おそらく3巻が出たらこのプロジェクトは成功してるとみなしていんじゃないだろうか。

今後の進捗を追いたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する