オルタナティブ・ブログ > プログラマー社長のブログ >

プログラミングでメシが食えるか!?

GIGAZINEの記事を読んで考えたこと:業務命令?

»

Twitterでも話題になっていましたが、GIGAZINEの「【求人募集】GIGAZINEのために働いてくれる記者・編集を募集します」の記事の話題です。他の方が書いた内容に関する評論をするのは好きでないので、単に私がこの記事をきっかけに考えたことを書きます。

考えさせられたポイントはいくつかあるのですが、一番のキーワードは「業務命令」です。

業務命令というのは、労務契約上の会社側の権利な訳ですが、その意味合いは幅が広く、それこそ制服の着用というようなレベルから、上司・リーダーの考え方に従わせるようなレベルまで、幅があります。基本的には、労働者側は正当な理由がある場合にはこれに従う必要がありますし、従わなければ懲戒処分となることもあります。
考えさせられるのは、いわゆる「決まり」に従うかどうかということではなく、「思考の強制」の部分です。単純労働のような仕事であれば、決まり通りに仕事をさせることで一定の成果が得られるわけですが、クリエイティブな仕事では、本人のやる気によって成果は大きく変わります。やる気は業務命令ではコントロールできません。リーダーがいくら「やる気を出せ!」と怒鳴ったところで、メンバーのやる気はまず出ないでしょう。

GIGAZINEの記事がどうのこうの、ということではなく、やる気を出させるためにはどうすればよいか、ということの難しさを、この記事を読んでいて、あらためて感じたわけです。

この記事を書いた方の本心はもちろん私にはわからないのですが、リーダーとしてメンバーに欲していることという意味では、非常に的確に書かれていると思います。「仕事もプライベートも分け隔てなく、みんなで良い仕事をしよう!」という熱い思いが書かれています。やる気がないメンバーのやる気を出させるよりも、こうやってリーダーの熱い思いを語って、やる気溢れるメンバーに来てもらうというのも一つの手でしょう。

でも、そういう「自発的に動きたい人」にとって「業務命令」という表現があると、結局「指示に従わせられるのか?」というイメージを持ってしまうかも知れないわけで、実際、私は指示されるのがとても嫌いな人間なのですが、この記事をつらつらと読みながら、真っ先に引っかかったのが「業務命令」の文字だった訳です。

私が今の会社で入社3年目で事業部を立ち上げたのも、ソフト開発関連の事業を選択したのも、製品開発販売に取り組んでいるのも、いずれも「指示通りにやりたくなかった」からです。自分が得意なことで勝負したいからです。やりたい仕事をさせてもらう代わりに会社側あるいはオーナーに対しては「ノルマを上回る」という約束をしているわけで、極論すれば、命令されているのは「きちんと稼げ!」ということだけです。

私が命令されるのが嫌なので、基本的にはメンバーにも命令はしたくありません。従って、私はメンバーに「業務命令だから私の言うとおりにしろ!」と言ったことはありません。当社のメンバーには様々なタイプがいますが、基本的には自分の理想を考えられるメンバーが多く、メンバー同士で完全に意見が一致しているわけではありませんが、考え方が近いメンバーたちによってチームが形成され、自主性を尊重しながら仕事をしています。そういうメンバーたちに「業務命令だ!」と言うのはやる気を削ぐだけであり、むしろ「君たちならできる。任せた!」と言った方がやる気になるわけです。

もちろん、組織・会社によって状況が違うわけですし、仕事の内容によっても全くやり方は違うのですが、私は自分自身がそういうやり方を好み、そういうやり方が好きなメンバーたち(こんな連中こんな連中)が集まった、いやいや、そういうメンバーたちが集まってくれるように私が動いてきたから、今の状態になっていると思っています。表向きは格好良いことを書いてますが、実際は業績がいまいちであったり、チャレンジがなかなか上手くいかないこともたくさんある状態です。しかし、私も「こうすれば絶対に儲かる」という答えは知りませんし、命令したとおりにやったところで上手くいくとは限りませんから、メンバーたちと一緒に試行錯誤したほうが良いということであり、私の意見もいいますが、メンバーの意見も尊重したいのです。私同様、メンバーたちも一人一人思いの違いはあるでしょうけれど、一度きりの人生をかけて仕事に取り組んでいるわけですから。

会社側と労働者側という、ある意味全く逆の立場ではありますが、目標に向かって突き進むという面では思いをともにする関係でもあります。私の場合、雇われ社長という立場ですので、ますます両方の思いが複雑に絡み合っているわけですが。。いずれにしても、今の時代、楽をして簡単に稼げる時代ではありませんから、やっぱり程度の差はあれ、本気で取り組まないとうまくいきません。本気は強制しても出せないもの、というのが私の考えです。本気にさせるのがリーダーの大切な役目だと考えています。

私がリーダーはこうあるべき、という思いを書いた「ドジっ娘リーダー奮闘記:記事書籍」を見ていただくと、「強制する」というような行動は勧めていません。「任せる」「その気にさせる」ことを書いてます。10人集まって、10人分の結果しか出ないのでは組織の価値はない、といわれています。指示通りにやるのでは、最大で10人分でしょう。メンバー一人一人が自発的に創意工夫してがんばることにより、相乗効果が生まれて、大きな成果に結びつく、これが組織の理想だと思っています。当社もまだまだですが、そんな組織を目指すという思いをあらためて考えるきっかけになった、刺激的な記事でした。

Comment(8)

コメント

小俣さん

この記事、考えさせられますよね。

なんか、冒頭の『上からの命令ではなく、もっと自由に、そして自主的に動くことを期待してさまざまな社員を記者・ライター業務など未経験であっても将来の可能性に期待して雇ってきました』から、途中に『お願い』、更に後半になると『命令』という相反する単語が増える。

本心は冒頭の『命令なく自主的に』という人財を望まれている気がして、でも、そういった人をといっても、組織だったり、いろいろな要因からそうはならなかったり、、、


それでも、点と点の間というか、行間というのか、なんか、少しだけ気持ちや、現状がわかる気がして(あくまでも勝手に、想像の範疇を超えずに)、頑張って欲しいし、良い人が見つかるといいなぁと思いました。  あっ、小俣さんのブログに対してのコメントじゃなくなってる。。。

ドジっ娘リーダー奮闘記 の店頭状況、チェックしてきますっ!

方波見さん、コメントありがとうございます。
私も基本的には賛同というか、応援したい内容です!
でも、こういう文章って書くのが難しいですよね。ネガティブキーワードが一つ出てきてしまうだけでも、読み手の感情は結構変わってしまうものですよね。
会社の未来を左右するくらいの内容でもあるかも知れないわけで、公開する前にもう少しいろいろな人に校正してもらうと良かったかも知れませんが、書き殴ったままの勢いのある文章も捨てがたいですし、実に難しいです。
ドジっ娘のお気遣いもありがとうございます!

ネガティブワード、避けたいですね。特に私達のようブロガーは特に。

私が読み取った行間は、『戦争』あるいは『内乱・内紛』です。
どちらサイドに立ち、また、両者の話を聞いていないので、なんとも言えないところですが、筆者にとっての、そういったエマージェンシーであり、兵無くして戦はできぬ、勝利もなし、共に戦う兵きたれ!的なちょっと歪曲しているかもしれませんが。
願わくばというか、有事を演出した記事体の求人広告だとすると、Gigazine恐るべしですが。。。それもなさげですよね。

いつの時代も人にまつわる事が一番難しいということですかね。

方波見さん、繰り返しありがとうございます!
そうですね。ちょっと攻撃的なイメージは受けますよね。演出の可能性も高いですけどね。
おかげでこのブログ記事も私としては珍しくすごいPVになっていますが、他人のふんどしで相撲を取っているようなものなので、あまり喜べません・・・。
人にまつわることは難しいです。でも仕事は全てが人と人との関わり合いから生まれるものですから、ポイントなんですよね。しかも個性が一番出るところでもあり、正解もないという、永遠のテーマですね!

夏バテ

はじめまして。
どこからか辿り着いたのですが、GIGAZINEの求人の記事も昨日たまたま読みました。
小俣さんの文章には共感するところばかりでした。
私も命令されたくないので独立採算でリーダーとしてクリエイティブな部署を運営しています。

最近、クレームや部下のミス、社長や他グループからのダメだしの横やりが入ったりと心が折れそうになってました。
自分が甘いのは良くわかっているので、自分でも自分自身を追いつめてしまいます。
務めも10年になるのでそろそろ辞めよう…と心が完全に折れてました。
でも小俣さんの記事を読んで、どうせ辞めるならもう一度部下を集めて話をして士気を高め、命令に翻弄されずにやりたいように、しかも利益を出して、楽しく仕事をしてみようと思いました。

「メンバーたちも一人一人思いの違いはあるでしょうけれど、一度きりの人生をかけて仕事に取り組んでいるわけですから」
気合入りました。リーダーが負けてちゃダメですよね。
ありがとうございました。

夏バテさん、コメントありがとうございます。
私も何度も若い頃に社長と喧嘩して、そのたびに辞めよう思いましたが、どうせなら、「引き留められるくらいの成果を見せつけてから辞めよう」と、がんばりました。
その後、多少なりとも成功しはじめると、今度は楽しくなりますし、社長とも話が合うようになり、結局辞めなかったのでした。おそらく一つも成果を出せない状態で転職しても良いことはなかったと思いますから、感情だけで辞めなくて良かったと思ってます。
まあ、今でも良かったり悪かったりで、いつになっても楽にはなりませんが、メンバーたちとも盛り上がってやってますし、自分の道を信じて続けようと考えてがんばっています。
夏バテさんの成功も祈ります!

sayokomatta

GIGAZINEの求人記事、私もとても気になりました。部下の方のコメントもネットに上がっているので、余計に複雑な気持ちがします。
本当のところがどうなのかは、実際にその場で一緒に働いていないので、わかりません。
働く姿勢、業界の常識のの周知が徹底されていないことのほかに、上司と部下の間に世代の差がかなりあるように感じました。歳は近いのかもしれませんが、上司、部下という力関係で、お互いに見えなく(無関心、鈍感、傲慢に)なっていることがたくさんあるように思いました。
また、編集長とはいえ、組織の中のいち社員なはずで、会社として、編集長に対するフォローはどうだったのだろう、求人記事にあのように激しい文章を載せるまで放置しておいたのであれば、組織のあり方についても疑問を感じます。

sayokomattaさん、コメントありがとうございます。
実際のところは、この記事関連からではわかりませんので、単なる話題性狙いかも知れませんし、本音かも知れませんし、何とも言えませんよね。編集長は経営側の人かな、という感じは受けましたが、これもあくまでも想像です。
ということで、私としては、単純に考えるきっかけをもらえたということで、自分自身を振り返ってみる良い機会になった、と考えています。

コメントを投稿する