オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

「ただ忙しいだけ」状態に陥る3つの思い込み(とその脱出方法)

»

あなたの元気を吸い取るもの7つ」 というエントリで紹介した、「アクティブ・ノンアクション」という現象(?)を追いかけています。以下は『意志力革命 目的達成への行動プログラム』で、「ノンアクションの三つの罠」として紹介されていたリスト(の大幅な意訳)。

  1. 「やらなければいけないことが多すぎる」
  2. 「変えようのない制約が数多く存在する」
  3. 「どんなに考えても、これ以外の選択肢はない」

「ただ忙しいだけ」状態に陥る3つの思い込み - *ListFreak

考えてみれば、この年末年始も、なにしろ○○が迫っていますから(思い込み2)、アレもコレもしなきゃいけないんですよ(思い込み1)。いやもうそうするしかないんです(思い込み3)。え、それは『「ただ忙しいだけ」状態』ではないか?いや、そんなこと考えるより、ただひたすら手を動かした方が結局は早く終わるんですよ(アクティブ・ノンアクション)。

……そうならないためにはどうすればよいか。上記の本にはもちろんいろいろと提案があるわけですが、簡易版として、上のリストをひっくり返したものを眺めてみてもよいかと。

題して『「ただ忙しいだけ」状態から抜け出る3つの呪文』。

  1. 本当にやらなければいけないことは、そんなに多くない。
  2. その制約は、変えられる。
  3. もう一つの選択肢が、必ずある。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する