オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

安いのが偉い ― 競争戦略の王道を行く

»

安いサービス・製品が好きです。企業の競争戦略は、差別化戦略/コスト・リーダーシップ/集中化戦略という類別がもう30年近く使われていますが、これはサービスの提供側から見た話。顧客からすればシンプルに(便益÷価格)の高いものが嬉しい。とりわけ「価格を下げる」試みには企業の努力やアイディアがストレートに反映されており、つい応援したくなってしまいます。

…ということで、昨日の日曜日もついつい。

  • イレブンカット」で子どもたちの髪を切ってもらう。QBハウスは10分1000円で成人男性がメインターゲットだが、こちらは11分1575円(子どもは1050円)の「美容室」。神奈川県を中心に40店舗弱をフランチャイズ展開。QBハウス同様に「短時間」という市場を創出すると共に、子どもOK、ヘアカラー持ち込みOKといった顧客本位のサービスで勝負。実際、パパと子どもが揃って髪を切りに来ていました。
  • その後ドッヂ・ボールを探しつつ「西友」と「イトーヨーカドー」を巡る。実は両店とも近所にないのでめったに行きません。久しぶりに行ってみると、後者の躍進が目ざましいですね。今泉さんが応援されていたのも頷けます。
  • 昼ご飯は「日高屋」でラーメン。390円という低価格ラーメンが武器です。ここを運営している(株)ハイデイ日高は2006年8月に東証1部上場。餃子の調理時間を1分に短縮して売上を大きく伸ばしたという記事を読んでいたので、餃子も注文しつつ時間を計測。なんと餃子とラーメンともども3分以内に全て揃いました。すごい!薄い餃子の皮あたりに短時間調理の秘密がありそうです。

結局ドッヂ・ボールは見つからず、地元の街のおもちゃ屋(創業は大正時代)で購入。低価格とはいきませんでしたが、地の利の悪いところで頑張っている地元の店も応援したい。

Comment(2)

コメント

価格競争と特化(高価格・高品質)志向は、交互に表出するとも言われますが、今は両方とも長いサイクルに入って重なっている時期だと思います。価格を安く提供することも重要な要素であることは、古今東西変わりませんので、価格を安く抑えている会社にはそれなりに魅力を感じます。堀内さんの挙げられている会社さんは品質もある程度のものを維持しつつ、価格を抑えていることに魅力を感じる企業でもあります。
安くても、品質(便益)が悪いサービスや商品では、とても市場では勝ち残れませんね(日高屋さんは、夜やお店によってかなりきわどいところだと思いますが)。
でも、一方で価格で競争できないけれども、いろいろな特徴を持っている地元商店街のお店や、専門店も大切にしたいものです。これもある程度の消費が可能な人に課せられたノーブルオブリゲーションではないかと思います。

つるたさん、コメントありがとうございました。
> 安くても、品質(便益)が悪いサービスや商品では、とても市場では勝ち残れませんね
ですね。「安いが偉い」とはいっても、自然環境や地域社会や従業員の幸せといった、バランスシートに直接乗ってこないところへの目配りは必要ですし、それが長期的な維持繁栄の条件でもあると思います。つるたさんの会社もぜひそのような事業を支援してください!

コメントを投稿する