オルタナティブ・ブログ > とあるコンビニオーナーの経営談議 >

社員の時に見ていた店の状況、オーナーになってから見ている店。見ている方角が違うとこんなにも違うコンビニの光と影。お客様とは何にも関係無いところで巻き起こるあれやこれ。(笑

義理チョコ推しでいきます

»

 昨年こんな記事を書いたのですが(コンビニでバレンタインチョコの売上が、減少している理由)、売上が落ちていくのを見ているだけというのは、経営者として問題がある。

 そんな中、こんなサイトを見つけた。(ブラックサンダー;一目で義理とわかるチョコ)たしかに、義理チョコというのは数が期待できる。単価は低いが、数を売れば商売として成り立つものだ。
 有楽製菓さんの目の付け所に感心した。
 スミマセン良いところはパクる主義ですので、勝手にパクらせて頂きました。

 「来年はウチも義理チョコ全面推しで行くぞ!」と、1年間準備をしてまいりました。
 問題はPOP。義理を大きくアピールしたPOPを作成。
 ちょっといい感じの出来だったので、思わずSNSで画像アップしてしまったのです。
 よくよく考えると、完全匿名ブロガーの筆者。今まで、慎重にやって来たのだが、失敗した。そのPOPを当店だけで使っていることが判明するとマズイ。
 そうだ!誠ブログで配布してしまえば、どうとでも言い訳が立つ。
 ということで、POP素材(義理チョコ文字画像)とPOPのPDF(A4横2枚)を配布します(笑)

バレンタイン素材.zip

 あとは、チョコレートのラインナップ。
 当然、参考にした有楽製菓さんのブラックサンダーをセンターに配置!!(これで勝手にパクったの許してw)
 その他、駄菓子系チョコレートを集めて最上段展開です。

 さてさて、結果はどうなるか...

Comment(1)

コメント

taiger

コンビニ経営4年の新米です
毎回勉強になります
今回はバレンタイン素材まで公開いただき
ありがとうございます
さっそく自店でも使用させていただきます

いつもにこやかな本部社員のホンネは参考になります
これからも、色んな疑問点を解き明かしていただきたいものです
私も川乃さんのような立派なオーナーになりたいものです

コメントを投稿する