オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

Evernoteプレミアムキャンペーンは、端末とアカウントに対する無料アップグレードであって・・・ミスりました(どっちが?)

»

ゴールデンウィーク前にブログ

2011/04/21 Evernote for Androidがバージョン3にアップデートされたので早速チェック!

にて軽くお伝えしていたのですが、3月発売のMEDIAS N-04CおよびXperia arc SO-01Cでのキャンペーン適用をしようとして、どうもうまくいかなかったという現象に関するアップデートです。

Evernoteのキャンペーンサイト(http://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/evernote/
および
NTTドコモのキャンペーンサイト(http://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/evernote/

を見る限りは、『ドコモのAndroid端末ならEvernoteのプレミアム版が365日間無料で使える』というものです。

3月には、Xperia arcでのキャンペーン適用に問題があるというリリースがされていたので、GalaxySで本キャンペーンを適用したアカウントで、両端末で使用していましたが、その不具合も解消されたらしく、『DropboxのAndroid版がバージョンアップで日本語メニュー対応。ついでに無料10GBのNAVER・Nドライブもインストール。』(2011/04/19)についた直後のバージョンアップということと、当時は、キャンペーン期限が2011年4月30日までとなっていたので、キャンペーンに申し込みしようというタイミングでした。

ところが、いずれの端末においても、キャンペーンが適用できませんでした。

Evernoteのサポートフォームから、その後はメールでのやり取りにて本件についての確認などを行って頂きましたが、その過程において、端末固有のIMEI番号が必要じゃないか?などと解決しそうな方法をこちらから伝えてみたりしましたが、今日に届いたサポートメールでは、

お世話になっております。
IMEI番号をお知らせ頂きましてありがとうございます。

お調べいたしましたところ、 ************のキャンペーンは ユーザー名:************ (************@************)のアカウントに2011年4月7日 と2011年4月19日にそれぞれ適用されておりますとこが分かりました。

申し訳ございませんが、キャンペーンは対象スマートフォンより最初にサインインされたアカウントに自動的に適用がされてしまいます。

複数のアカウントに適用することはできませんのでご了承ください。 なにとぞよろしくお願い申し上げます。

どうも理解ができなかったのですが、

  • キャンペーン画面が表示されてキャンセルをしても設定メニューに表示され申し込みは可能な状態だった(はず)
    -
  • 4月7日と4月19日にGalaxyS用の既存アカウントで、設定メニューに表示されていたキャンペーン申し込みボタンを選択したことで、システム上はキャンペーンが適用された状態になった
    -
  • システム上、複数のアカウントに適用はできないので、新規で取得したMEDIASおよびXperia arc用のアカウントで再エントリーしようとしても、既に登録されている状態となり、キャンペーン申し込みボタンは表示されなくなった

という経緯と合わせて考えると

  • キャンペーンは端末固有のIMEI番号とEvernoteアカウントの両方で管理していて、一度でも他のアカウントでキャンペーンの申し込みを試みると、そのアカウントが既に他でキャンペーンを適用したアカウントであれば、その新規の端末では二度とキャンペーンにエントリーができない
    -
  • 『キャンペーンが適用されてしまいます』といわれても、単にシステム上、「適用された状態」なだけでキャンペーンの恩恵を何も享受できていない(と思われる)
    -
  • キャンペーンの受付・ユーザ管理系のシステムでは、キャンペーンの規約・条件とはマッチしていない(はず)

前提条件、規約、規定、注意事項においては、既存のキャンペーンエントリーしてしまったアカウントで申し込みボタンを押してしまうなどということは想定していなかったものと思われ、当然かもしれませんが、受け側のシステムもこのようなケースへの対応は組み込まれていなかったということに。

利用条件・規約として、制限されていることが分かっていたら、あえてキャンペーンに申し込みできなくなるような事はしないのですが、事実上のキャンペーンの権利を喪失した状態になって、今後、Evernoteとお付き合いするのだろうかと考えさせられました。

わずか、月額5ドル(または年額45ドル)x2台分=90ドル~120ドル分の機会損失です。

深追いするほうがコストが高いので、キッチリと当方の考えはEvernoteのサポートに伝えましたが、別にもう、リターンもキャンペーン適用による恩恵もなくて良いかもとか。

ちなみに、プレミアム版ユーザになると、無料Evernoteユーザの『1ヶ月にアップロードできる容量は60MBまで』という制限が『1GBまで』と格段に増加し、オフラインノートブック機能が使えるようになり、使用可能なファイル形式の『画像、音声、ink、PDFのみ』という制限が無くなり、、、といった恩恵を受ける事ができます。

無料会員は、ノートの容量に制限が無い代わりに、月間60MB制限があるので、年間換算だとわずか最大で720MBしか使えない事になりますが、これがプレミアムユーザで年間12GB(も?)使える事などがメリットなわけですが、クラウドサービスのオンラインストレージとしてだけをみると、Dropbox・SugarSync・Nドライブなどが5GB以上の容量で無料試用(実用)できたります。
機能・扱えるファイル形式・ドライブ指定の制限などが各社各様にあったりしますが、果たして、どこの有料サービスを使おうかと考えて試している途中で=選定フェーズの私としては、Evernoteが Ever トーノ いた感じがします。 Nevernoteとまでは言わないまでも。

Android用のアプリがあるわけではありませんが、GmailがパンパンになったGoogleのストレージはアップグレードして使っていますから、各Androidアプリからの共有でGmailを選択して、メールでストックしたり、Phone2Chromeやページスタックでブラウザにブックマークを送信したりしているので、まぁノートの定義にもよりますし、使いこなす前の段階での出来事なので、「まぁ、放置しとくか」となって、Evernoteプレミアムユーザのアカウントも使わなくなり、Google・SugarSync・Dropboxあたりで済ませて、NドライブやパーソナルクラウドのPogoplug(http://www.pogoplug.com/products.html ←言語選択で日本語をチョイスするとGoogle翻訳ページを表示するという珍しいケース) あたりとの併用を試すといったことになるんだろうなと。

-

複数のドコモAndroid端末を持って、複数アカウントを運用しようとする人は、あまりいないかと思いますが、キャンペーンのエントリーには、既存のキャンペーン申し込み済みとは別のアカウントで初回ログインを行って、キャンペーンの適用を受け、実際に使える状態になるような注意が必要ということで。

そして、コンシューマ向けのキャンペーンって、想定外なことがあるということと、その対応次第で、小さな1ユーザは遠のいていくということですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する