オルタナティブ・ブログ > あなたの知らないスポーツ、そっと教えます >

世の中にはまだ知られていないスポーツがたくさんあります。日本では知られていないけど海外では有名だったり、いまこの瞬間に生まれているスポーツや、障害者の方が楽しめるスポーツなどなど。このブログでひとつでも新しいスポーツを知っていただき、ぜひ楽しんでもらえればと思います。

エルゴノミクスマウス マイクロソフトのSculpt Ergonomic Mouse L6Vを使ってみた

»

みなさんは普段どんなマウスを使っていますか?私はDELLでパソコンを買ったときに付いていた有線のありふれたマウスを使っていました。

もう5年近く使っているので手垢まみれです。写真を撮るためにちょっと掃除しました。

dellmause.jpeg

さて、だいたいの人がこんな感じのパソコンを買ったら付いてきたマウスか、1000円以下のマウスを使っている人が多いのではないでしょうか?

私もDELLのマウスにはなにも不満もなく使っていたのですが、誠ブログのオフ会でマウスについての発表があった時に、聞きなれない「エルゴノミクスマウス」という単語を知りました。

ご存知の方も多いと思いますがエルゴノミクスとは人間工学という意味で、「人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問」(Wiki参照)のことです。要は人間の体に合ったデザインと言ったところでしょうか。

少し触らせてもらったのですが、なんとも微妙な感じ。やはり使い慣れてるマウスが一番だと思っていたのですが、なんとプレゼントしてくれるということでありがたく頂戴することに。

そんなわけでエルゴノミクスマウス マイクロソフトのSculpt Ergonomic Mouseはこんな感じのマウスです。

maicrosoftmouse1.jpeg

maicrosoftmouse.jpeg

普通のマウスとは明らかに違う形です。DELLの高さが一番高いところで約3.5cm、Sculpt Ergonomic Mouseが約5.5cm。横幅はDELLが約6cmでSculpt Ergonomic Mouseが約7.5cmでしょうか。

Sculpt Ergonomic Mouseは上から見ると卵のような形をしています。

そして一番特徴的なのはマウス左側のくぼみ。普通のマウスにはない形です。

maicrosoftmouse2.jpeg

手前からみるとこんな感じで、左側が大きくへこみ右側が普通のマウスに比べてより丸みを帯びています。この左側のへこみの部分に親指がちょうどかかるような感じです。

そしてどの辺が人間工学的なのかと言うと、マウスを持ったときに手が少し右側に傾くんです。これが人間工学!・・・何だと思います。

ちょっと試してもらいたいのですが、立って手をだらんとさせてみてください。その時の手の甲の向きはどうなっていますでしょうか。たぶん外側に向いていると思います。

では今度はマウスを持ってみましょう。当たり前ですが、手の甲は上を向いていると思います。

つまりマウスを握っているときは、自然と手を下しているときに比べて左に約90°ひねっているのです。この状態でずーっとマウスを握っていると常に手をひねっている状態になります。

ですが、Sculpt Ergonomic Mouseだったらだいたい60°位のひねりで済みます。その分手に負担がかからないため、長時間の作業も苦にならない!といった感じです。

でも、少し難点があるのは通常のマウスに比べて高く、また手で包み込むように持つため、マウスを持つと手首のあたりに少し空間ができてしまいます。

マウスの図.png

そんなわけで私はマウスレストを買ってこの空間か、もう少し肘寄りに置いています。するとかなり楽になります。

image2.jpeg

実際に使ってみるとマウスレストいらないって人もいるかもしれません。

使い始めのころは少しだけ違和感があったのですが、すぐに慣れますし、実際にマウスの持ち方としてはSculpt Ergonomic Mouseの方がしっくりきます。

値段としては5000円くらいと少々高いような気もしますが、ほぼ毎日使うものなのでマウスにこだわってみるのも一興かと。

大きめな家電量販店に行けばSculpt Ergonomic Mouse以外にも様々なマウスを実際に手にとって試してみることができるので、一度は試してみた方がいいかもしれませんね。

ただこのSculpt Ergonomic Mouseはちょっと試してみただけだと少し違和感があると感じるかもしれないので、長めに触ってみるとをお勧めします。

マイクロソフト ワイヤレス 人間工学デザイン 高精細読み取りセンサー Sculpt Ergonomic Mouse L6V-00008

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する