オルタナティブ・ブログ > 泉谷 章のITソリューション考察 >

ERP,SCM,CRM.DWH,BI,モバイルでの見方、考え方で感動したこと書いていきます

プライベート・クラウドはバズワードか?

»

1年位前までは、SaaSやクラウド・コンピューティングはバズワードか?といった議論が盛んでしたが、ここまで定着すると流石に最近はこういった議論は見受けなくなりました。

最近はクラウドを、パブリック・クラウドとプライベート・クラウドに分けて議論されるようになりました。Salesforce、Google Apps、アマゾンEC2などのパブリック・クラウドはバズワードではありませんが、プライベート・クラウドはどうもバズワードの様な気がします。

企業グループが各社で運営していたサーバを統合化し、この統合サーバを各社で共同利用することをプライベート・クラウドと言っているようですが、このような運用形態はクラウド以前から沢山ありました。

パブリック・クラウドには、例えばSalesforceにはシングルインスタンス・マルチクライアントを実現するクラウド・コンピューティングのインフラが用意されていますが、プライベート・クラウドにはクラウド用にどんなインフラが用意されているのでしょうか?単なるサーバの仮想化位しか見あたりません。サーバの仮想化は、なにもパブリック・クラウドの専売特許ではありません。

プライベート・クラウドはパブリック・クラウドにあやかった、サーバ屋さんやデータセンター屋さんや仮想化屋さんのバズワードに思えてなりません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する