オルタナティブ・ブログ > 泉谷 章のITソリューション考察 >

ERP,SCM,CRM.DWH,BI,モバイルでの見方、考え方で感動したこと書いていきます

Google Appsの月額費用は幾らだと思います?

»

Img_0050_3 梅が咲き始めました。

コンシューマーマーケットにおけるクラウドコンピューティングの覇者、Googleがいよいよエンタープライズマーケットにも本腰を入れ始めました。
エンタープライズ向けのApps Premier Editionの月額費用は、1アカウント僅か500円(年額6000円)です。なんと感動的なお値段でしょう!!
他にも、教育機関向けのGoogle Apps Education Edition があります。2007年に日本大学が10万ユーザのGoogle Apps導入を発表して話題になりました。
友人から広告無しのGmailが届きました。理由を聞くと、加盟している地元のCATVのメールを使っているとのこと、このようなパートナー向けEditionもあります。
Standard Editionは無料のGoogleアカウントを取れば、誰でも無料で使えます。

Google Appsには、Gmail、Googleトーク、Googleカレンダー、Googleサイト、Googleドキュメント、Googleビデオ等の機能が含まれます。

Gmailは独自ドメインで1アカウント25GBのメールボックスがあり、スパムやウィルスフィルター付きです。
Googleカレンダーはスケジュールの共有や、会議室やプロジェクターの予約にも使えます。
Googleサイトは、1ドメイン10GBで情報共有のためのファイルサーバとして使え、新規登録や更新のお知らせ機能もあります。
Googleドキュメントは、MSのWord、Excel、PowerPointに相当します。この原稿もGoogleドキュメントで書いています。ドキュメントで作成したコンテンツをMSのWord、Excel、PDF、PowerPoint形式に変換することもできます。Word、Excel、PDFへの変換は完璧ですが、PowerPointへの変換は完璧ではないようです。
Googleドキュメントで作成したコンテンツを、Google Appsユーザではない人に送った場合、受け取った人はブラウザで閲覧でき、更新したい場合は無料のGoogleアカウントを登録すればOKです。
Googleビデオは1アカウント3GBで社内YouTubeとして使えます。

これだけの機能があって1アカウント僅か500円です。SLAは99.9%です。もう、メールサーバやファイルサーバを購入して管理したり、MS Officeを購入するのはばかばかしくはないですか?
SaaSやクラウドコンピューティングは完全に身近なものになりました。

Comment(3)

コメント

企業のSaaS利用についてセキュリティを挙げる方は少なくないですよね。実際には、コンテンツの閲覧や再利用を禁じる契約を結んでいれば、それ以上の情報流出を気にする必要はないのではないかと個人的には思うので、本質的には意思決定者が生理的に受け入れられるかどうか、つまり企業カルチャー次第ということだと思っています。

こんにちは。
NAKAさんの書かれているように、必要以上にセキュリティを気にしてしまい、結果的に多額を支払っている企業が少なくないように思います。
そこにつけ込むように食らいつくSI会社があるのも事実ですが、きちんと自分たちの判断を下さなくてはいけない気がします。

泉谷 章

NAKAさん、OOKIさん、
コメントありがとうございます。
そうですね。先週もセールスフォースの案件を3回目の訪問でクローズしましたが、初回訪問後メールで質問されたのは、セキュリティのことでした。顧客情報をセキュリティを考えて社内サーバでしっかりと管理しようと思っていたがSaaSベンダーに預けて大丈夫でしょうか?といった質問でした。SAS TYPEⅡのデータセンターと自社内のサーバとどちらが安全でしょうかと回答したところ納得して頂きました。

コメントを投稿する