オルタナティブ・ブログ > 泉谷 章のITソリューション考察 >

ERP,SCM,CRM.DWH,BI,モバイルでの見方、考え方で感動したこと書いていきます

Gmailはなぜ中国で安定して使えるのか?

»

Google Appsの導入事例を読むと、中国出張時や中国の取引先とのMailは、インターネットが不安定で、届かなかったりして使い勝手が悪いが、Gmailにしたところ安定して使えるようになったとの報告が数件ありました。

Gmailでも他のMailでも同じインターネットを使っているのに、何故Gmailだけが安定して使えるのか考え込んでしまいました。

そこで、インターネットやMailシステムに強いエンジニアに聞いてみたところ、一言「中国政府とGoogleは仲がいいから」とエンジニアらしくない返事がありました。

そうか、中国でMailが不安定なのは検閲の問題かと納得した次第です。
本当かどうかは知りませんが。

Comment(2)

コメント

泉谷さん、こんにちは。
末尾に引用したサイトの情報によると、SMTPで送信したデータが中継サーバーの設定の不備や帯域不足などでLostしてしまう比率が高いのが原因のようです。

事例にある、株式会社チャイナ・コンシェルジュのGmailの使い方はよく分かりませんが、Gmailどうしなら、SMTPで送らずにWebとのやり取りだけで終わるはずなので、Lostはしにくいでしょうね。


中国におけるメールサービスの運用技術とその実状
http://www.ibrid.co.jp/blog_shanghaibb/04/post.html

泉谷 章

坂本さん、コメントありがとうございます。
なるほど、そういう技術的な背景があったんですね。変な誤解が解けて助かりました。

コメントを投稿する