オルタナティブ・ブログ > 泉谷 章のITソリューション考察 >

ERP,SCM,CRM.DWH,BI,モバイルでの見方、考え方で感動したこと書いていきます

シンプルなWordが欲しい!

»

会社によって違いますが、PCが一人一台になったのは94~95年位だったでしょうか?それまでは部内に何台かあったワープロを使いまわしていましたので、PCが配布されて、最初に使い始めたのがWordでした。

その頃のWordはシンプルで、レイアウト編集などは、見た目で自分で自由に編集してました。その後、何年か振りに、Wordを駆使するような仕事をする度に思うことですが、その度にWordが大幅に進化しています。ここで上手く説明できない位、色々な機能が自動化されています。進化や高度化といえば美しいですが、私にとっては単なる複雑化です。

Wordを入力中に、なんでそんなこと勝手にやるの!と何度も毒づいています。乱れた段落や箇条書きを、ついつい昔の癖でマニュアルで修正すると、もっともっとぐちゃぐちゃになってしまいます。勝手に変わってしまったWordの機能に翻弄されて、書くべき内容に集中するどころではありません。

MSさんもGoogle対抗の検索や地図にばかり投資しないで、Wordのユーザビリティー向上や、読んで理解できるHelp機能の開発に投資してもらいたいものです。

Comment(9)

コメント

そんな時は、ワードパッドで書いて、完成後にワードで読み込み、指定の形式で保存して終了。いかが?

もしくは書きたい文書をメモ帳で全部書いてからワードにコピペ。書式だけをワードで整えて終了。

携帯電話と一緒でシンプルワードプロセッサの需要もあるのかな?でも各個人のスキルレベルによって結構好みが変わるから、どこに基準を設定するかがムズカシイところ。。。

もと

文章の体裁を整えてくれるいろんな便利機能も、タイプライター文化の国だと使い安いのでしょうけれど、日本語の文章ではなかなか使いづらいですよね。

インデントの動作も不可解ですし…

KA

HTMLエディタですが「FrontPage Express」はシンプルで使いやすかったです。
確かにWordのインデントは使いづらいですね・・・。

そもそもWordが不y

HTMLファイルで作っておいて、そのHTMLをMS-Wordに読ませるとなかなかシンプルで良い感じです。

例えば、書く時は平文(好きなエディタで)で、HTMLに変換するツールに rd2 を使うとか。
平文で書く時に簡単なルールに沿って書けば、変換ツールがHTMLに変換してくれます。

泉谷 章

みなさん、
コメント有難う御座います。私も通常はメモ帳を経由したりしていますが、困るのは契約書などのオリジナルが膨大なWordで、これに大幅な加筆・修正をして行くケースです。

通りすがり

[ツール]→[オートコンプリートのオプション]でチェック項目をすべて(or 必要に応じて)オフにすると いくらか使いやすくなります。

Birdhead

そのような用途のためにMicrosoft Works
http://www.microsoft.com/japan/home/works/

があるのでしょうが、使ってる人を見たことがありません…。
Officeプリインストールでないと売れないというのは、当初の「自宅に会社の仕事を持って帰る」というスタイルが今も続いていることのあらわれではないでしょうか。

表現としての買物

ユーザの大多数が「MS Word を選んだ覚えなんてない」ことが最大の問題なのかもしれませんね。

「他の人(会社、役所、あるいは過去の自分)と文書をやりとりするためには MS Word」という理由以外で選んでいる人って今現在いるのでしょうか ... ?

himat

dos版のworks3.1は重宝に使ってました。
ワープロはフリーカーソル罫線も使えたし、シンプルで指定通りの動きしてくれた上、mdsも実現してました。
基本的にはあの時点でほぼ完成されていたので、windows移植で更なる進化を果たすかと思ったら、思いっ切り退化していてがっかりした覚えが。
現行版も、いらん処ばっかり増えて、ユーザビリティは退化したままみたいなんで、よっぽどの物好きでもない限り、プレインストールのoffice捨ててworksに乗り換える人はいないでしょうね。
コストや将来性を取ったら、openofficeの足元にも及びませんし。

コメントを投稿する