オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

iTunes Storeでセルジオ・メンデスをダウンロードしまくる

»

Img6asp久し振りにiTunes Storeにアクセスしてみて驚きました。ボサノバをはじめとしたブラジル音楽の充実振りが想像以上だったからです。ちょっと前までは、探していたアルバムがほとんど見つからなかったこともあって、iTunes Storeはブラジル音楽を探すのには向かないと勝手に決めつけていました。

ところが、そんな私の先入観が一掃されてしまうほど、世間で名盤と称されている類のブラジル音楽のアルバムであれば、今はほとんど見つけることができます。

せっかくなので、CDで持っていないセルジオ・メンデスのアルバムを3枚ダウンロードしました。セルジオ・メンデス、大好きなんです。セルジオ・メンデスといえば、1970年の大阪万博の時に来日してライブをやったり、日本にもファンが多いアーティストです。そして、今でも現役バリバリで活躍している数少ないアーティストです。

セルジオ・メンデスの音楽は若い世代の音楽ファンにも評価されていて、昨年リリースした『タイムレス』のヒットはまだ記憶に新しいところです。『タイムレス』も完全にHIPHOP×ボサノヴァの融合した素晴らしいアルバムでしたが、私がお薦めしたいのは1964年にリリースされた『Swinger From Rio』という昔のアルバムです。

この『Swinger From Rio』というアルバムは、アート・ファーマー、フィル・ウッズ、ヒューバート・ロウズも参加しているジャズ・サンバの名盤です。クールで肩の凝らない、暑い夏を快適にしてくれる極上の1枚です。ボサノバとジャズの関係で言えば、過大評価され過ぎている『Getz / Gilberto』よりも遥かに上を行っているアルバムだと私は思っています。そして、セルジオ・メンデスがピアニストとしても一流であることを教えてくれる貴重なアルバムでもあります。

iTunes Storeでも全曲ダウンロードできますが、このアルバムは昨年Bomba Recordsから発売された紙ジャケCDをお薦めします。音も紙ジャケの品質も最高です。今ならまだ手に入りますので、すぐに買いましょう!

この『Swinger From Rio』、ジャケットを見て「あれっ?」と思う方が多いはずです。そうです、最新作『タイムレス』のジャケットの元ネタに使われていたアルバムだったのです。両方のアルバムを買って、聴き比べ、見比べしてみるのもいいかもしれません。

■ 『Swinger From Rio』 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する