オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

今年はアントニオ・カルロス・ジョビン生誕80周年

»

アントニオ・カルロス・ジョビンが大好きである。どれくらい好きなのかというと、iPodで通勤途中に必ず聴いているほど好きである。休日、ソファに寝転がって、昼間からビールを飲みながら聴くのは大抵アントニオ・カルロス・ジョビンだというほど好きである。

若い時は、どちらかと言えばあまり好きなアーティストではなかった。大学のモダンジャズ研究会に入部してすぐに渡された譜面が、「イパネマの娘」だったのだけれど、あの間延びした感じが好きになれなかったのを今でも良く覚えている。ジョン・コルトレーン命だった若造に、彼の音楽に潜むユーモアは理解できなかったのだと思う。

アントニオ・カルロス・ジョビンが好きになったのは、皮肉なことに音楽をやめてからだ。30歳を過ぎてから、突然彼の音楽の素晴らしさに気がついた。そして、40歳を過ぎたあたりから、好きな度合いが急激に増してきたような気がする。彼の音楽の良さは、歳をとればとるほどわかってくるのかもしれない。

そのアントニオ・カルロス・ジョビンが、今年で生誕80周年を迎える。生きていれば、80歳になっているわけだが、ちょっとピンとこない。なぜなら、アントニオ・カルロス・ジョビンの音楽は、いまでも若々しさを失っていないからだ。だから、80歳と聞いても、80歳のアントニオ・カルロス・ジョビンを想像することができない。

ということで、今年はアントニオ・カルロス・ジョビンのDVDやCDがたくさん発売されるらしいので、非常に楽しみである。個人的にお薦めしたいのは、最近発売された「Maestro Soberano」というタイトルの3枚組み輸入DVD。74年に発売された名盤「Elis & Tom」の、ロスアンゼルスのスタジオでの録音風景が収められているのだが、これが必見である。

私は、このDVDで動くエリス・レジーナを初めて観たのだが、とにかくチャーミングな女性である。そして、二人の掛け合いが何とも感動的である。ちなみに、この映像はYouTubeにも出回っている。

子供のピアノの発表会で、子供に伴奏をしてもらいながら、テナー・サックスで「イパネマの娘」を演奏するのが今のところの夢なのだ。嫌いなスタン・ゲッツを真似て。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する