オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

韓国サッカー選手の竹島プラカード問題のニュースを見てふと思ったこと

»

オリンピックサッカー男子の日韓戦の後、韓国選手の一人が島根県の竹島が韓国領であるというプラカードを掲げたのがオリンピック憲章に反する可能性があるということで問題になっているそうです。

韓国選手「独島はわが領土」パフォーマンス 五輪評論家「メダル剥奪も」 (産経新聞 2012.8.12)
http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120812/soc12081209420004-n1.htm

このニュースを見ていて、オリンピックとも領土問題とも直接は関係ない別のことに気がつきました。

それは、報道によるとメダルをはく奪される可能性があるのは、当該選手一人で代表チームではないということ。

なるほどそうか、個人の問題という考え方なんですね。
これが高校野球的な発想だと、タバコを吸った選手が一人いるとチームの連帯責任で結果取り消しとか辞退とか、そういう方向に流れそうですが、そうじゃない。

どちらであるべきという議論は置いておいて、なかなか考えさせられる事象だなと思いました。


余談ですが、当のプラカードはハングルで書かれていたので国際社会に向けたメッセージというよりは自国向けのアピールにしかなっていない?


---------------

それにしても、このような行為が政治的なものだとされるのだとすると、領土問題については政治家が宣伝すべきなのでしょう。
いつの場合でも日本政府は領土問題は存在しないから特段の対応は必要無いというスタンスのようですが、ロシア大統領が北方領土を、韓国大統領が竹島を訪れるという事態に至っても何もしないというのは国際社会においては容認したと受け取られてしまうのではないかと危惧します。普通に我が国の領土であとするるなら、北方領土も竹島も、そして尖閣も総理大臣が行けばいいし、必要なら自衛隊が常駐すればいい。
大ごとになっていないうちは波風立てないようにしておこうというのも日本的かもしれませんけど。

Comment(5)

コメント

通りすがり

この件ですが、選手一人の問題で収まるのは良くないと思いました。これが前例になると、団体競技は1名だけ、オリンピックを政治的に活用してもチームとしてはOKということになりかねません。

磯島 大

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
個別には組織的計画的か偶発的か、などなどいろいろむずかしい面はありますよね。その個別の事情を考慮せずに画一的に連帯責任というのは考えものだなと感じた次第です。

NT

>いつの場合でも日本政府は領土問題は存在しないから特段の対応は必要無いというスタンスのようですが

いいえ。北方四島も竹島も領土問題としています。

領土問題が存在しないとしているのは尖閣諸島だけです。
歴史的、国際法的に日本の領有になんら疑いなく実効支配もされているので「解決すべき問題」が存在しないので問題ではないのです。

>必要なら自衛隊が常駐すればいい。

それはおっしゃるとおり。

磯島

NTさん、ありがとうございます。認識不足失礼しました訂正します。なればなおさらキチンと主張するとか実効支配を施すとかした方がいいと思うのです。

磯島

最近は高校野球もそうでもないらしい。。

"夏の全国高校野球大会で3回戦進出を決めた私立作新学院高(宇都宮市)の硬式野球部に所属する男子高校生(17)が強盗などの疑いで宇都宮中央署に逮捕された事件を受け、同校は18日午前、記者会見を開き、19日に予定されている3回戦に出場する考えを示した。"
http://www.yomiuri.co.jp/sports/hsb/2012/news/20120818-OYT1T00507.htm?from=fb

コメントを投稿する