オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

自転車が停められるところをお巡りさんに聞いてみると?

»

都内の客先を訪問する時や、休日にちょくちょく自転車に乗ります。
最近は通勤などでも自転車がたくさん走ってますよね。

それにしても、自転車は停めるところが無くてタイヘンです。
これまで自転車をオマケ扱いしてきた法令や道路整備の不備がどんどん表面化して、社会的に早急に解決すべき課題になっていると思います。

放置自転車の問題もあって、自転車停めちゃだめ!というところはたくさんあります。その反対で、ここに停めていいよ!というのはなかなかない。駅前の駐輪場でも月極めはあっても一時置きできないこともしばしばです。

あらかじめ駐輪スペースを探してから、無くてもできるだけ邪魔にならない場所を見つけて停めるようにしていますが、近くにお巡りさんがいるような場合は尋ねてみることにしています。

ではここで問題です、

路上でおまわりさんに自転車停められるところを尋ねると、どういう答えが返ってくるでしょうか? 次のうちからあてはまらないものを1つだけ選びなさい

①: さすが適切な駐輪場所を教えてくれる

②: 知らない、または駐輪場は無い、と追い返される

③: 困った顔をして、黙る

答え: ① (いまだかつてありません (-_-;))


十中八九、非協力的です。残念ながら。
実際、自転車のことはほとんど気にかけてないのが現状のようです。②のパターンで「このあたりには無いですよ」と言われて、ふと目を上げると目の前に公設の駐輪場があった、ということも。。。
③のケースの場合、「じゃあ、邪魔にならないところ見つけて停めてもいいですか?」と尋ねると、これまた「YES」とは答えられないらしく、もごもご。。 厳密には駐車違反かな。

この話、お巡りさんが悪いというのではなくて、冒頭に書いたように、自転車の利用環境整備が追いつていないことが問題なのです。

一時的な流行というのではなく、自転車を環境とか健康とかサステナブルとか社会の重大なトレンドの構成要素として捉えるならば、もっと関心が高まって欲しいですね。 お巡りさんにも率先して・・・w もちろん僕らひとりひとりが!

Img_1883

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する