オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

アメリカの小便器の位置が高い件について

»

オルタナブログで便器ネタが妙に流行っているので、さらに。。

女性のみなさん(ばんちょ~含む)はご存知ないかもしれませんが、アメリカの男子トイレの小便器って、ちと高いんですよね。

僕は身長174cmなのですが、アメリカではちょっと高いなあと思うわけです(~_~;)

子供の頃学校で身長順に並ばされると後ろのほうだったし、アメリカでもそんなに低いほうでもないんじゃないかと思うのに、これはどういうことなんだろか?とずっと気になってたわけですけど、ここへきて便器ネタがHOTなのであらためて確かめてみました。

日本人の成人男子の平均身長:171.2 cm
アメリカ人のそれ:175.8cm
http://en.wikipedia.org/wiki/Human_height

うむむむっ、、、そーなのか、アメリカ人はやっぱりだいぶ背が高い!?

んー、でもあの高さの差って、4.6cmくらいなのか!?

あ、足の長さの違いてのもありますかね・・・(^_^;)

ところでトイレではないですが、国内でも高さが違っていたりするものに洗面台の高さがあります。

今住んでいるウチでは、85cmで、まあまあいいかなと思うのですが、欲を言えばあと5cmくらい高いほうが腰にも負担が無くていいかも。
最近の建物ではこのくらいが多いそうですが、小柄な女性などにはかえって高すぎたりするかもしれません。
洗面台、小便器、それこそ座る便器の高さとかも、自分の体型にフィットしてるのが快適ですし、日女的なストレスもかからないですよね。

なかなか奥が深いもんです。。
トイレだけでなく、生活什器の設計をされている方たちは、きっとこういうところにいろいろ気をつかってるんだろうなーと、考えてみました。

Comment(6)

コメント

そう、高いんですよね。たぶんそれって差別問題になりそうではないですか(足の長い人と、短い人の・・・)。ついでに子供は当然届かないしね。そこでとっても低い位置の小用もあるのです。弊社のオフィスのトイレはどこに行っても、低いのと高いのと両方あります。
 
といいつつ、なんとか高い方でしたりしてますけど(無理して)。

まぁ、小便器にそんな差別があったなんて。
無理して爪先立ちで高いほうにチャレンジして、ひっくり返ったりしないことを祈ってます(to とおるさん)。

小便器といえば、韓国ソウルタワーの小便器はとても見晴らしがいいそうですよ。
http://yakei.jp/abroad/seoul/index.html

磯島大

とおるさん、

便器ネタではとおるさんにはかなわないと知りつつ、、、。

アメリカ人の平均身長よりも、アメリカの白人の平均身長はだいぶ高いようです。
つまり、そっちに合わさってるんでしょうね。

それでいいのかどうかは、その国の人々の問題なので、なんともいえませんが、高いのと低いのがあるのは合理的なのかもしれませんね。

磯島大

ばんちょ~、

トイレの見晴らしが良いってのは、どういう意義があるんでしょうかね?

まあ、なんにしても気持ちいいほうが良いわけではありますが・・・

13時15分41秒

モンゴロイドはシベリアの寒さに体の表面積を小さくすることで適応し、短足胴長かつ鼻も低くなったと言われています。

13時15分41秒さん、
そう説明されるともっともな気がしますが、考えてみるとロシアの人とか北欧の人は大柄なイメージがあるんですけど、そうでもないでしょうかね??

コメントを投稿する