オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

MacBook AirのTVCMを見て気がついたこと

»

確かめたわけではないですが、MacBook AirのTVCMってきっと世界共通ですよね?

iPodのかっこいいやつも、たぶんそう?

で、なにに気がついたかというと、、、考えてみたら普段見ているTVCMって大概日本人向けで海外と同じ映像のものは少ないんじゃないかなということ。

他にも各国共通で同じ映像を使っている広告はあると思いますが、実際には違和感があったりする気がします。雑誌広告などでままみかけるひどいものだと、日本語のフォントがあり得ない形をしてたりして、どちらかというと手抜きというか、日本市場のことを考えてないなーという印象だったりすることもしばしば。

日本人の感覚としては、日本人向けにあつらえてあるものを心地よいと思う傾向があるんだろうと思います。

それは、ユニークであることを尊重するという観点では重要でしょう。一方、グローバル企業の広告展開で考えれば、共通のブランドイメージの構成という面でもコストの面でも日本だけ別にするというのは難があるでしょう。

少し前にある日本の大手電機メーカーががグローバルで広告を統一したことがありましたが、少なくとも国内での浸透はいまいちだったのではないかと思います。(勝手な印象ですけど)

と、考えてみると各国で共通の映像をそのまま使って上手くブランディングができるAppleてすごい存在だなあと思うわけです。日本でそういう手法が通用するのはファッションブランドでしょうか。いけそうなわりにはホテルとかエアラインでもなかなか難しいみたいですし。

この日本にあるユニークさへの心情的なこだわりは、おそらく意地みたいなもので、それが良くもありわるくもありということじゃないでしょうか。

外資系企業のマーケティングという観点では、まったく面倒な市場でしょう。一方、日本発のものを海外で展開しようとするときにも難しさが出てしまいます。

とはいえ、逆に考えるとユニークであること、ユニークさを大切にすることはブランディングでも競争優位においても極めて重要なことであるわけで、そういう職人気質な日本人の特性というのも大事にしたいところですね。

強みと弱みは表裏一体だったりします。プラスを生かして、マイナスをうまくカバーしてグローバルなものを取り込んで日本独自のものを打ち出していけるようにできればいいなと思いました。

*ところで、MacBook AirのTVCMって日本専用じゃないですよねぇ。そうだったら、このエントリーが成り立たないんですけど。。。(^_^;)

Comment(6)

コメント

おおた

コカ・コーラの『ドリーム・ファクトリー』シリーズは、CG映像部分は全世界共通、「コインを投入する若者」の映像は各国別(もしくは地域別?)に撮影していたかと思います。こういう「ローカライズ」のやり方もあるんだ、と感心した覚えがあります。
 問題のMacbook AirのCMは残念ながら見たことがないのですが、Appleといえば過去には『Get a Mac』シリーズで頑張ってローカライズしたものの…というほろ苦いものもありますね(汗)。

sshiba

MacBook Airに限らず、AppleのTV CMは世界共通のイメージですが、各国別に作り分けているものが多いですね。

■ MacBook Air(日本)
 http://www.apple.com/jp/macbookair/#ad
■ MacBook Air(アメリカ)
 http://www.apple.com/macbookair/#ad
■ MacBook Air(フランス)
 http://www.apple.com/fr/macbookair/#ad

キーボードとか画面をよく見てみると、きっちりローカライズされているのが分かると思います。

イギリスの学生さんが作ってYouTubeにアップした作品が採用されたことで有名なiPod touchのCMも置いておきます。

■ iPod touch(日本)
 http://www.apple.com/jp/ipodtouch/ads/
■ iPod touch(英語圏)
 http://www.apple.com/ipodtouch/ads/

おおたさん、
コメントありがとうございます。
たまにTVで海外のCM紹介番組やってたりしますが、お国柄ってありますよね。
ある文化の人たちに訴求しやすくするのと、ブランドイメージの一貫性を保つことを同時にやるのは、考えてみればグローバル企業だけでなくとも、たとえばユーザ部門の人と情報システム部門の人に同じ商品を紹介するときにもあてはまるかもしれません。

sshibaさん、
ありがとうございます。
国ごとにローカライズされてるのですね。
ただ、お知らせいただいたサイト、たぶんquicktimeが入ってない環境だとダメみたいで見られません。。。
(^_^;)
どのくらい同じでどのくらい違うのか、すごく気になるんですが。。。

sshiba

あ〜、失礼しました(^_^;)
確かにAppleのサイトはQuickTime前提ですね。
sshibaはMacもWindowsも使う人で、どちらでもちゃんと見えていたのですっかり失念していました。

AirのCMはYouTubeですと
 http://jp.youtube.com/watch?v=GBCfW9-hjKI
で英語版が見られます。このCMの中で一瞬見えるキーボードの配列が、英語版ではUS配列なのに対して、日本語版CMではJIS配列なのが分かる…という程度の違いですので、注意して見ていないと見逃す…という程度の違いですね。

一方、iPod touchのCMは
 http://jp.youtube.com/watch?v=VGZ9sIAuJ9k
で見られますが、これも英語版です。
こちらの日本語版のCMは、touchのキーボード表示やアイコン表示、さらにiTunes WiFi Storeのトップランクの曲名一覧などが日本語になっていますので、英語版と日本語版の違いははっきり分かります。

ちなみに、iPod touchのCMの原作になった「イギリスの学生さんの作品」というのは
 http://jp.youtube.com/watch?v=KKQUZPqDZb0
で見られます。
TVでCMとして流れているものはAppleがリメイクしていますが、それと比較しても引けを取らない完成度で、何故Appleが「殆どそのまま」採用したのかが分かるような気がします。

sshibaさん、

ご丁寧にどうもありがとうございます。
見られました!(^_^)/

Macbook AirのCMは基本的には同じトーン&マナーなんですね。(ぜんぜん違ってたら、このエントリーが間抜けになってしまうので、ドキドキして見ました。)
それにしても、キーボード配列、それもよく見ないと見逃してしまいそうなところをきちんとローカライズするところは流石Apple。もちろんコストはかかるでしょうが、そのROIがR>Iだということなんでしょうね。

iPod touchのCMもすごいなぁと思いました。
子供のころに思い描いた未来が緻密なリアリティになって目の前にある感じです。
ほかのコンピュータや家電などの会社がみんなこういうことができるようになると、かなりわくわくする社会、コンピューティングに人々が期待する世の中になるような気がします。

インテル版iMacのCMを始めた頃から、やっとローカライズされた気がします。
というより、それ以前は、たいしてローカライズする必要ない映像だった、というのもありますが。製品の映像に、音楽のみ、がほとんどでしたので。

MacBook Airのローカライズで、アドレスをapple.com/jp と表記するようになりましたね。

iPodの時は、アップルマークのみ、だったので、世界共通のバージョンが多かったです。
iTunesStore10億ダウンロードのあたりで、CoreAnimationのテストムービーにもなった、CDジャケットを大量に流したりする映像の時に、日本版には日本のアーティストジャケットが取り入れられていて、B'zや倉木麻衣などが、入っていました。

MacBook Airも、発売日か前日に流れていたのは、英語版でした。

コメントを投稿する