オルタナティブ・ブログ > 情報インフラ24時 眠らないシステム >

「仮想化」をキーワードに情報インフラの世界を考察します。

今年のフォーブス長者番付はあのマリオがランクインしました

»

 毎年面白い長者番付を発表しているフォーブスが今年は架空キャラクターの長者番付を発表しています。
http://tinyurl.com/yx9s7r

まずはランキングをご覧下さい。


#1 Oliver "Daddy" Warbucks
Net Worth: $36.2 billion

#2 Charles Montgomery Burns
Net Worth: $16.8 billion

#3 Scrooge McDuck
Net worth: $10.9 billion

#4 Richie Rich
#5 Jed Clampett
#6 Mr. Monopoly
#7 Bruce Wayne
#8 Anthony Stark
#9 Prince Abakaliki of Nigeria
#10 Thurston Howell,III
#11 Willy Wonka
#12 Lucius Malfoy
#13 Tony Montana
#14 Lara Croft
#15 Mario


所々に知ってる名前がありませんか? 3位のスクルージおじさんはドナルドダックの叔父です。6位にはゲームのモノポリー卿、 12位にはハリーポッターの悪役でお馴染みのマルフォイ卿、ゲームや映画でお馴染みのトゥームレイダースから14位にララ・クラフト、 そして15位には我らがヒーロー、マリオが名を連ねています。

ランクインメンバーの人物評がなかなか面白く、 マリオが番付を上げた理由は数十年間で10億ドルの金貨をキノコ王国で蓄財したからだそうな。 確かにスーパーマリオブラザースをやっていると、コインをたくさん取りますね。

さらに笑えるのは、例年はサンタクロースが圧倒的な1位でこの番付に君臨していたそうですが、子供たちから 「サンタは本当にいるんだよ!」というツッコミを受け、証拠物品(クリスマスのおもちゃなど)をフォーブス編集部が確認して、 今年からランキング対象外としたそうです。

日本では長者番付は無くなってしまいましたが、こういったフィクションのランキングは面白いので発表して欲しいですね。

Comment(2)

コメント

こ・こんなところに中くんが。。。

ご無沙汰してます。いつも噂はAさんから伺ってます。今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿する