オルタナティブ・ブログ > 異聞か、異文化 >

外資系マーケ担当としてのクロスカルチャーな仕事と日常

ガーター・トスとブーケ・トス

»

3連休中にオーストラリア人の新郎と日本人の新婦の結婚式に出席してきました。
出席者および親族に外国人の方が多かったので、MCをやはり国際結婚したご夫婦が英語と日本語でテンポ良く進めていました。

新郎のお母様の心温まる贈る言葉の中に涙しながらも、私は聞きなれないフレーズを耳にし、意味を考えていました。
「本当に中の良い兄妹で、良くプールで泳いだり、マルコポーロをしたり・・・」

マルコポーロって何?? 

すぐに日本語訳のMCが流れたので、聞いてみると「鬼ごっこ」とのこと。
Tagですが、プールだとMarco Polo と言う遊びになるそうです。
10秒数えた鬼が「Marco」と叫び、他の子達が「Polo」と返してゲームがスタートするんですって。
子供達が「Marco!」「Polo!」と叫んでいる風景はちょっと可愛らしいですね。

パーティーも終盤になると独身男性が前に集められ、花婿がウェディングドレスを大胆に巻くりあげ、ガーターベルトを外し、投げます。
ガーターはキレイな放物線を描いて、Kくんの手元にすっぽりと舞い降りました。
「嬉しいけど、これどうしたらいいんだろ?」
彼は気恥ずかしそうに、ガーターを胸ポケットにチーフタイのように挿しました。
確かに、自室に持って帰るとトラブルの種になりそうな・・・。

ガーター・トスの後は女性お待ちかねの、ブーケ・トスです!!
女の子達は、男性の時より気合が入った様子でした(笑)
結局ブーケは、見事なジャンピングキャッチを見せた新郎の妹さんが見事GET!!

次の幸せが早く訪れますように。

*最初のアップで鬼ごっこをhide and seekと書いてしまいましたが、それは「かくれんぼ」でしたね。
鬼ごっこはtagでした。失礼いたしました!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する