オルタナティブ・ブログ > パースペクティブ・アイ >

IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

ウォークマン30周年に思うiPhone/iPodにソニーが負け続ける理由

»

 昨日(と思って書き始めましたが、一昨日になっちゃいました)、毎日jpにこんな記事が出ていました。ウォークマン30歳ということで、ちょっとウォークマンに気を遣ったのかもしれませんが、ちょっと視点、切り口がズレてやしないだろうか。いや、もしかしたらオレがズレているのだろうか?
 ズレてると思うのは、ハードウェアを切り口にウォークマンとiPodを比較していること。それに新ハードウェアによって、巻き返しを図っているという結び。この視点ではウォークマンが負けた歴史も、これからも勝てない(このままじゃ)理由が見えてこないんじゃないかな。
 iPodの強さとして秀逸なデザインがよく挙げられますが、むしろ操作や楽曲データに対する扱い方の一貫性、各機種におけるコンセプトの明快さ、そしてなによりサービスとの密に結合されたトータルのユーザー体験の演出。このあたりが明確にiPodの強みと言える部分じゃないかと思います。

 初代ウォークマンの頃は小学生で、ウォークマン・デラックスが出た時は貯金を貯めても買えず、なんとか小遣いとお年玉を貯めて工面できた頃に発売されたウォークマンIIのカラバリ(赤と黒が追加。赤をチョイス)版を購入。その後、スポーツ・ウォークマンやレコーディングウォークマン、ウォークマンDDなど、バイト代を注ぎ込んでいったあの頃は、確かにハードウェアが勝負を決めていました。
 ウォークマンが覇権を失った理由はいくつかあると思いますが、それはどれもハードウェアに起因するものではないでしょう。

 ひとつはインターネットを介したサービスをハードウェアと統合し、トータルでのユーザー体験レベルを引き上げるという発想が無かった事。無かった……というと語弊があるかもしれないが、SonicStageとiTunesを比べて最も不自由だったのは、ポータブルプレーヤとのシームレスな連携、ソフトウェアとハードウェア、サービスの結合の弱さでした。プレーヤ、管理ツールとしての出来は、言われているほど差はなかったと思います。

 そもそも、"ネットワーク"と銘打ちながら、たいしてネットワークな感じを感じさせないウォークマンを多発し、時代遅れ感を何年も払拭できないどころか、ほぼサービスとハードウェアの統合に関して何も取り組まず、放置していたのだから、存在感がなくならない方がおかしい。しかも、これはエンジニアの責任ではなく、明確に事業の判断を見誤った当時のトップと事業責任者にありました。

 もうひとつの原因はソニーがSMEを持っていた事でしょう。音楽出版社がCDのコピーに頭を悩まされる中、安易に現状の音楽ビジネスを守るための厳しい制限が、ネットワークウォークマンには課せられていました。
 すでにMP3によってDRM無しの音楽データが流通していた時代に、リッピングデータを再生できるのはリッピングしたコンピュータと3台の端末(パソコンでも再生する場合は2台まで)でしか聴けないなんて制限をしていたんですから。
 これはSDMIという規格の運用規定に沿ったスペックなんですが、SDMIが事実上、崩壊してからも、しばらくの間、ソニーはこの制限を撤廃しませんでした。もちろん、違法コピーは良くありませんが、元々DRMがかかっていない購入したコンテンツなのですから、ユーザーは納得しません。

 その後、ソニーはウォークマンAで新しいソフトウェア「CONNECT Player」を提供したけれど、しかしその後、品質を高められずに挫折。その後はまた、自分たちの殻に閉じこもってしまったような気がする(ハードウェアとしては、MP3、AACへの対応などオープンな方向には向かっているが、それはつまり"ハードウェアによるギミック"という、自分たちの世界に引きこもった事を意味している)。

 記事中にある国内販売シェア(ソースが示されていないが、gfkか何かのデータだろうか?)、iPodが55.2%に対してウォークマン31.3%というのは、僕的には「そんなにウォークマン売れてるのか?!」という、高橋記者とは逆の感想を持ったぐらい。まだそこまでウォークマンのブランドは生きているのか?と感じました。

 ソニーエリクソンがAndroid端末を開発していることは公表されていますが、同時にソニーはウォークマン関連の機能やナブユーの機能もAndroid上に実装していると聞いています(同時にBlu-rayレコーダの機能もAndroidにポーティングという話が聞こえていますが、こちらは未確認)。他にもMyloのような端末も持っているソニーなので、これらのソフトウェアスタックを一つのプラットフォームに統合し、さらに使い良いサポートソフトとそれらを繋ぐサービスインフラが提供できれば、あるいは様々な製品分野で新しい提案ができるかもしれません。
 とはいえ、さて、そのあたりのシカケが得意じゃないソニーに、どこまで出来るでしょうか。
 日本人の一人としては、日本企業にもサービスとソフトウェアとハードウェアを統合し、柔軟なAPIも提供するプラットフォームを作って欲しいという期待も持っているのですが、今のところは"期待"というところまで気持ちを高められません。良い意味で期待を裏切って欲しいものです。

Comment(4)

コメント

アップルの勝利は、トータルでのわかりやすさだったと思います。ソニーはわけのわからない規格が多すぎでした。モノ作りのソニーvsコト作りのアップルだと思うのですけどね。不況脱出の方向として、「モノ作り回帰」が言われていることに不安を感じます。

テクネコさん、おっしゃりたいことはわかります。というよりも、全く同じ事を別のアプローチから書いたつもりでした。

こうした短い記事では、必ずしもメーカーが考えているコンセプトが投影されていない場合もありますが、もし記事の通りだとするならば、あまり良くない方向だなと。
物作りに回帰すること自体は、僕は悪いことだと思いません。しかし、"それだけ"ではダメで、その製品が使いやすくなる環境を上手に醸成してあげなければいけない。そこができていないなぁと思います。

junya

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20090330/167960/?ST=NE

この記事にもあるように、Appleが、Rip-Mix-Burnを謳って、iTunesを宣伝してきたときには、正直、こんなことをが許されるのかと思いました。DAT, MDとserial copy management systemに則って、機器を開発してきたオーディオメーカーが方針を急に変えられなかったのは無理からぬことだったのかもしれません。自由への解放だったのか、紳士協定を土足で踏みにじる行為だったのか判りませんが、同じルールで競争がスタートしていなかったのは確かだと思います。無論、ユーザーの立場からは、自分がお金を出して買ったものを使用するのに変な制限がないことが望ましいですが。

junyaさん、リンク先の記事もそうですが、当時の業界の動きを少し誤解しているような気がします。SCMSとリッピングは間接的には関係がありますが、直接的には関係がありません。SCMSはデジタル音声信号の出力に関する合意ですから。
 リッピングした音声データの扱いに関しては、別途、SDMI(Secure Digital Music Initiative)という、RIAAと米音楽ソフト会社が設立した業界団体が、業界内のルール作りを行おうとしました。しかしSDMIはスグに崩壊します。
 理由などを書いていくと、ちょっと長くなってしまうので簡単に言えば、ノンDRMで音楽データを吸い出す手段が既に一般化してしまったので、SDMIで締め付けを行っても音楽流通が偏り、むしろ大手レーベル側のダメージの方が大きくなる事に気付いたからです。
 ウォークマン衰退はSDMIの時期とも若干被りますが、基本的にはあまり関係ありません。SMEに足を引っ張られたということは、確かにありましたけどね。
 また、コピー保護が行われているブルーレイと全く行われていないCDでは、全く事情も異なりますし、比較はできないと思います。

コメントを投稿する