オルタナティブ・ブログ > コンテンツとメディアの近未来 >

エンターテインメント・コンテンツとメディア、ソーシャルネットワークの最新情報を紹介しながら、コンテンツとユーザーの新しい関係について、考えていきます。

アップル信者がアンドロイド携帯を使ってみた。 〜GALAXY Tabの場合〜

»
エンタメ・コンシェルジュのふくりゅう(happydragon)です。 (*・ω・)ノ 


告白します。
わたくしは、大学生だった12年前から、
「Power Macintosh」(iMacの元祖的商品)の一体型デスクトップを購入して以来、
常にアップル新商品を心待ちにし、iPodは全種類揃え、iTunes最高と吠えまくり、
iPhoneの使い勝手の良さに心底惚れ込んでいたアップル信者でした。


しかし、最近の話ですが、俳優の渡辺謙さんdocomo CMに興味を惹かれ、
アンドロイドOSを試してみたいと思い、パナソニック社のガラケーを、
勢いあまってサムソン電子製GALAXY Tabに機種変更してみました。

そんなワケでGALAXY Tab(3G回線を持つタブレット端末)、
というかグーグル音声検索がとっても楽しい毎日です。

しかも、この音声検索がけっこう実用的なんです(※iPhoneでもアプリがあります)。
例えば、電車の乗り換え案内としても「大宮から渋谷」と端末に向かって話したら、
検索結果が出てきて驚かされます。

町中でもCMでの渡辺謙さんを思い浮かべながら端末に話しかけてます。
まさに、アンドロイドとの会話って感じです。
グーグルは、コンピューターの頭脳であるOSのネーミングをアンドロイドとすることで、
スマートフォンをロボット化するという、良いネーミングをされたと思います。


ちなみに、知る人ぞ知るファンタジー系SF漫画『ファイブスター物語』〈角川書店〉では、
ロボットを操るOSを、ファティマというアンドロイドとして設定されていました。
リアル生活でそんな時代が来るなんて中学生の頃には、
夢にも思いませんでした

これまで、パソコンと呼ばれていたパーソナル・コンピューターは、
より日常的に携帯出来る、パーソナルな存在であるスマートフォンへと移り変わり、
パソコンの頭脳的存在であったOSは、
言葉の意味通り、人助けするアンドロイド的存在へと進化していくのかもしれません。


スマートフォンは、マイクやカメラ、GPS加速度センサーなど、
多くのセンサーを持つデバイスへと進化し続けています。
これって、物の見方を変えてみれば、
コンピューターが目や耳や感覚機能を手に入れているのと同じことなのです。
より、人間に近づいているのが、なんとも興味深いですね。


とはいえ、スマホやタブレットとしての使い勝手は、
まだまだアンドロイドより、iPadやiPhoneの方が上だと思っています。

タッチパネルでの滑らかな動き、アプリの充実度、
子供でもあつかえるUI(ユーザーインターフェース)のクオリティの高さなど、
その差は圧倒的です。
やはり、iPadユーザーが、アンドロイド端末に慣れるのには少々時間がかかるかもしれません。


しかし、GALAXY Tabは、画面や機能等を自由に自分好みにカスタマイズできる分、
そこに、愛らしさを感じてしまうのです。
ストリートビューでの地図や、翻訳&音声検索機能の充実など、
グーグルとの相性もGALAXY Tabは良いような気もしてます。
iPadと違って、microSDカードも利用できるのも便利です。

さらに、docomoならではのネット回線の良さも大きな魅力です。
実際、ソフトバンクは埼京線の池袋⇄新宿間がつながらなくなったりするのです。
さいたまから渋谷へ電車に乗る機会の多い筆者にとっては大きなの問題です。


他にも、GALAXY Tabの魅力としては、
携帯電話、携帯メール、メール、ツイッター、フェイスブック、ゲーム、
スケジュール帳、フラッシュも観られるインターネット、辞書、カメラ、ビデオカメラ、
映像プレイヤー、音楽プレイヤー、写真ビューワー、ナビ機能のある地図などなど、
全てを、ソーシャルメディア連携しつつ一元管理できることが素敵です。v(。・ω・。)ィェィ♪

あと、iPhoneより電池が持つのも魅力ですね。
これで、公式にテザリング対応したらとっても強力だと思います。


しかし、最近発表のあった次世代機種のGALAXY Tab2ですが、
高性能デュアルコアCPUを積んでも、
残念ながらサイズが大きくなり10.1インチとなってしまいました。

そこは、iPadとの差別化であった絶妙なサイズである7インチで出して欲しかったですね。
7インチというサイズは、電子書籍的にも、外出時に地図を見たり、
気軽にツイッターをするにはとても実用的なサイズなのです。

ちなみに、GALAXY Tabは3G回線なので、
電話機能もあります。ネット上では評判の良くない電話としての使い勝手ですが、
7インチ+ブルートゥース・イヤホン&マイクセットでの、
電話活用はけっこういけます(音楽もワイヤレスで楽しめます)。

とはいえ、仕事上、持ち運びしやすい小型な携帯電話メインで使いたい日には、
SIMカードを元のガラケーに入れ替えて携帯電話として使えば、
全く以前と同じ環境で問題ありません。

そもそも世の中的にも、以前よりも電話をする機会って減っていると思うのです。
今や、メール、ツイッターフェイスブックスカイプ、メッセンジャー活用などで、
おおまかな仕事でのやり取り&コミュニケーションは済んでしまいます。

今後、お互いの時間を食いあってしまうこととなる、
日常生活の割り込みとなる電話でのやりとりは減っていくのではないでしょうか?
となれば、GALAXY Tabを電話としてもメイン使いするユーザーも増えてくるかもしれません。

以上、名前を付けたくなるアンドロイドなスマートフォン、GALAXY Tab体験談でした。
ちなみにiPadでは満足できない方は、GALAXY Tabに向いてるかもしれませんですよ。
☆^(*≧ω≦)ノ~~~βyё βyё♪


PS:というわけで、私のアンドロイドであるGALAXY Tabの名前は「ラキシス」にしました。
いいんです、わかる人だけわかってくれれば。。


by ふくりゅう(エンタメ・コンシェルジュ)
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する