オルタナティブ・ブログ > NetStats >

ネットがライフラインとなっているビジネスパーソンのために、旬のネットサービス、イケているInsurTechテクノロジーからブロックチェーンまで、インターネットの最新のトレンドとネット活用術を書き綴ります。

ライフログとして読書履歴をつけよう

»

昨年は以前に比べて読書量がめっきりと減ったのですが、継続的に読書を心がけるようにしています。ビジネス書は買うことが多いのですが、小説や批評などの文芸作品は地元の図書館を利用しています。

本棚に読み終わった本を積む必要がないのが図書館の大きな魅力なのですが、何をいつ読んだかを忘れてしまいがちです。Web上で自分の読んだ本を整理できたら便利だと思いませんか。

自分が読みたい本、読んだ本を整理し感想やレイティングをつけて、読書遍歴を残すことができればきっと読書のモチベーションにも繋がるでしょう。これまでに読んだ本を履歴として残してくれるのが「ブクログ」です。(画像は僕の本棚です。)

booklog.jpg

ブクログは、「アカウントを作成し読みたい本や読んだ本を登録していくだけでWeb上に自分の本棚が作成できます。その登録した本に「読みたい」「いま読んでいる」「積読」「読み終わった」とカテゴリ分けすることもでき最新情報を管理可能です。もちろん作成した本棚は公開でき、逆に他の人の本棚も見ることができるのでSNS的要素も含まれておりTwitterなどへの公開も可能です。

僕がこのサービスを利用するきっかけになったのは、iPhoneアプリが無料で提供されているからです。アプリの使い勝手もよく、バーコードで本をブクログに登録することも可能になりました。

booklogiPhone.png

Web上で読みたい本や読んだ本を可視化すると、自分の嗜好の傾向もわかりやすくなります。是非活用していてはいかがでしょうか。

ブクログ

後藤康成(ごとう やすなり)
フィードパス株式会社 CTO 兼 feedpath Calendar 事業統括

シリコンバレー・ベンチャーを経て2000年ネットエイジ入社。ネットビジネスのインキュベーション案件およびテクノロジー投資案件などを担当。技術開発担当取締役、ngi group 執行役CTOを歴任しビジネス&テクノロジーと幅広い経験を持つ。2005年クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパスを設立する。ブログエンジン、Zimbraの日本市場展開。現在ビジネススケジューラーのfeedpath Calendar事業統括を担当。 著書として「Web2.0 BOOK」など。自身のブログはBlogot Twitterアカウントは feedpath

[PR]スマートフォーンで利用できるグループカレンダー
iPhone/Androidで利用できるクラウド型グループカレンダー「feedpath Calendar」を利用しませんか? 月額利用料がなんと200円/アカウントから! >>詳しくはこちら

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する