オルタナティブ・ブログ > NetStats >

ネットがライフラインとなっているビジネスパーソンのために、旬のネットサービス、イケているInsurTechテクノロジーからブロックチェーンまで、インターネットの最新のトレンドとネット活用術を書き綴ります。

あなたの顔がゾンビ変わるこの恐ろしさ「ゾンビブース」 - 教えてお気に入りiPhoneアプリ Vol.10

»

ZombieBoothIcon.jpg教えてお気に入りiPhoneアプリ Vol.10は株式会社TAGGYでクリエイティブディレクターを担当している佐藤真輝郎くんのお気に入りiPhoneアプリを紹介します。

真輝郎くんは2009年10月にauの携帯電話からiPhone 3GSに乗り換えました。乗り換えた携帯端末でWebをストレスなく利用したかったからだそうです。

iPhoneを利用するようになってから、iPhoneで動画を見るようになりました。通勤時間帯を有効活用しYouTube動画や、PodCast動画などはもちろんDVDから変換した動画をiPhoneにアップしエンジョイしています。

makio.jpg真輝郎くんのお気に入りのiPhoneアプリは、「ゾンビブース: 3D Zombiefier」です。真輝郎くんは、iTunesストアのアプリをチェックしており、そこでこの「ゾンビブース」がランクインしているのを見つけました。これまで有償アプリには多少抵抗がありましたが、有償アプリを買い始めたら、その後は抵抗なく買うようになったとのことです。

「ゾンビブース」は2010年4月に日本のApp Storeでエンターテイメントカテゴリ1位を獲得したという秀悦なアプリであり、撮影した顔写真がリアルなゾンビ顔に変身するというもの。友達のかを写真をゾンビ顔に変身させることができ、話題性抜群のiPhoneアプリといえるでしょう。

「ゾンビブース」の凄いところはそれだけではありません。ソンビが3D的に表現されてなんと動きます。指の動きに応じて顔の向きが変わる。吠える。時折怒る。口に指を当てるとゾンビがその指を食べ血と肉片が飛び散るというリアルにぞっとするアプリです。

「ゾンビブース」はサーバーでゾンビ顔に変換する処理を行うために、そのリアルさは日々アップデートされています。スピーディーにアップデートされていくゾンビの表情と動き。特にリアルなゾンビに近づいていくレンダリング技術に強い興味を感じます。

zombie.jpg home.jpg
ゾンビブースで変換した真輝郎くんと真輝郎くんのホーム画面

真輝郎くんはオフィスで利用しているグループウェアの自分の写真や、オフィスのエンジニアの写真を撮って「ゾンビブース」でゾンビ顔を作り、開発のテスト用の画像として利用しており、単調になりがちなテストプロセスをゾンビ顔を見てテンションアップしているとのこと。

このシリーズにはゾンビの他にもエイリアンがあり、「PhotoAvatar: 3D エイリアン」も思わず買ってしまったとのことです。

■今回紹介したお気に入りのiPhoneアプリ

アプリ名:ゾンビブース: 3D Zombiefier (iTunesが起動します)
カテゴリ:エンターテインメント
言語:日本語、英語
価格:115円

ナマステ!

Posted by フィードパス 後藤 康成 (Yasunari Goto)

[feedpath PR]クラウド型スマートフォーン対応のグループカレンダー

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する