オルタナティブ・ブログ > 山岡週報 >

メディアプランナーのつぶやき。ITおよび製造業のマーケティングについての考察。ときどきマンガとアニメ。

6周年のオルタナブログ先輩へ

»

ITmediaオルタナティブブログには、ブロガーを束ねる「番長」が存在します。

私は同じ会社に所属しており、席も近くなので、よく顔を合わせるのですが、すれ違う際に必ず「にゃろめ~」という謎の挨拶をされる不思議な女性です。万能なあいさつワードのようで、朝昼夜いつでも使用されます。朝のにゃろめに対して私が「おはようございます」と返すと、にっこり微笑み返してくれます。私の方は曖昧な笑顔を浮かべているのですが、それについては全く意に介する様子はありません。ブロガーをまとめあげる方というのはやはり自分の芯が通っているのだなぁと感心する毎日です。

そんな彼女に、今日の帰り際に捕まりましたお声をかけていただきました。

番長「今週のブロガーミーティングよろしくね」

山岡「はい!」

番長「そういえば、今日はオルタナブログ6周年なんだけど、ブログ書いてない人がいるんだよねー」 (遠くを見ながら

山岡「そうなんですね~」(書いてないのバレとる…しかも最近書く頻度減ってるから余計にキツい・・・!

番長「(無言)」

山岡「あ、僕も入社6年目なんですよ、奇遇ですね」

番長「いや、そんな話は聞いてねぇよ」

山岡「はい、すいません書きます。書かせてください。」

ということで、いまに至ります。

嘘です。全部フィクションです。6周年を祝って喜んで書いてます。

■6周年のオルタナブログ先輩へ

上記でフィクションと書きましたが、私が入社6年目というのは本当です。2006年入社ですので、2005年に立ち上がったオルタナティブブログは、私の1年先輩ということになりますね。あの頃ブログメディアと言われるようなものは少ないなかでこれを立ち上げたのは、先見の明があったなぁ、と今なら言えるのですが、入社当初ここまで大きくなるとは全く思っていませんでした。正直に言ってしまえば、うちの社員でここまで伸びることを想定して居た人はいなかったんじゃないかなと思います。

しかし、ブロガーが着実に集まり、良質なエントリも増え、1つのメディアとして育っていき、いまではある程度のブランド力を持つまでになりました。ブロガーの継続的な投稿と、ブロガー同士のリレーションをうまく図れているからこその成長だと思います。こうしたメディアの成長を見れるのはとても面白く、また自社サービスとして誇らしいですね。

たとえば、ITやネットに詳しい方が、その専門分野をテーマにブログを書こうと思われた際に「オルタナブログで書いてみたい」という方が少なからずいらっしゃいます。そうして毎月新しい方が応募し、デビューしています。私のところにも「番長に紹介してほしい」という依頼がたまに来ます。(特に裏ルートなどはなく、応募フォームから応募するだけなのですが(笑

私はブロガーとしては2009年末からの参加ですが、広告営業として追いかけているネットマーケティングネタを多くの人と共有したい、考察したいと思い、オルタナブログを選びました。幸いにしてそこからBLOGOSなどにも声をかけていただいたり、いくつか面白い話をいただいたりと、機会に恵まれています。そうしたチャンスを活かし続けるためにも、このブログはまだまだ続けていきたいと思います。って、お祝いしに来たつもりが、決意表明になってしまいましたが…、まあでも、それがオルタナブログへの一番の貢献ですかね。

Comment(2)

コメント

おお、昨晩の会話が完全収録されている。
わたしってこんなにゴーインだったのね、知らなかったわあ(と、とぼけてみる)。

というのはさておき。
山岡さんがメディアの中の人としてメガネ顔さらして書いてくれる情報は、現場の匂いがしてとっても素敵です。

これからもよろしくね。
にゃろめ~。

なるほど、メディアの現場を伝えるってのはあんまり無いですもんねぇ。今後もメガネ顔で頑張ります。
にゃろめ~。

コメントを投稿する