オルタナティブ・ブログ > 旅は道連れ、仕事はTRAVELERS Coworking !! >

コワーキングスペースでの出来事をはじめ、ウェブ技術やCMS構築について書いていきます。

コワーキング事業協同組合について記者会見が行われます(8月17日@神戸カフーツ)

»

 急速に発展しているコワーキングに関して、また新しい流れが起ころうとしています。コワーキング事業協同組合の設立について、8月17日に「神戸カフーツ」にて記者会見が開催されます。「神戸カフーツ」は、2010年5月に日本で最初に設立されたコワーキングスペースです。

日時: 2012年8月17日(金) 16時~17時
場所カフーツ~コワーキング@神戸
    〒650-0015 神戸市中央区多聞通2-1-17 第2マツノビル101号
タイムスケジュール
   11:00     通常営業開始
   16:00~17:00  記者会見
   18:00~    カフーツ終業~懇親会
詳細 https://www.facebook.com/events/129863863825033/

以下、プレスリリースより抜粋いたしました。

全国初!コワーキング事業協同組合が設立、活動を開始
~現代人の新しい働き方コワーキングの普及とコワーカーのワークスタイルをサポート~

 このたび8月1日付けで設立されたコワーキング事業協同組合は、現代人の新しい働き方であるコワーキングを広く社会に普及させ、コワーキング・スペースを拠点に活動するフリーランス(個人事業者)や小規模法人のビジネスチャンスの拡大と、教育研修機会の創出、並びに福利厚生の向上等を目的とした事業を開始します。

 コワーキングとは、2006年頃からサンフランシスコを中心に始まった「コミュニティ型ワークスペース」の概念とそのスペースを指します。オープンなワークスペースを会員であるコワーカーが共用し、各自が自分の仕事をしながらも、自由にコミュニケーションを図ることで情報や知見を共有し、協業パートナーを見つけ、時にセミナーやワークショップを催し、互いに貢献しあう新しい働き方です。 これは現在世界中で起こっているワークスタイルの変革であり、今年中に世界で約2,150ヶ所のコワーキングが存在することになるであろうとの観測があります。日本国内では、様々なスタイルで運営されているコワーキングが約100ヶ所あり、都心では昨年あたりからにわかに活況を呈し始め、ここへ来て地方でも徐々に開設されるようになって来ました。

 コワーキング事業協同組合は、この動きを更に推し進め全国各地のコワーキング・スペース開設・運営のサポートと、コワーカーに利する各種の事業を行うことを目的に設立されました。今後、各地においてこの趣旨に賛同する組合員を募集し、全国組織に成長させる計画です。

●事業協同組合の主な事業
 ・各自得意分野を持つ組合員で編成するプロジェクトチームによる共同受託・開発
 ・各種の教育研修事業の企画とその無料もしくは割引開講
 ・コワーキングスペースの開設・運営のための調査・企画・設計・教育等のコンサルティングおよびサポート
 ・組合員のための情報ネットワークシステムの構築と運営
 ・専門家による税務・会計・経営・収益構造改善・技術・情報化・起業等のサポート
 ・健康保健を含む福利厚生メニューの提供 その他

残念ながら私は現地には赴けないのですが、会見は Ustreamで生配信される予定とのこと。当日、詳細について聞けるのを楽しみにしております。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する