オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

定額制音楽配信サービス「LISMO Unlimited」iPhone版の細かい問題点

»

 LISMO Unlimitedを昨日1日使ってみて、いろいろ見えてきました。問題点と思われるところを列記していきますね。

・アーティスト名で検索したときに、検索結果が複数表示される。たとえば「Paul McCartney」と入力すると、その結果には「ポール・マッカートニー」と「Paul McCartney」が表示。そのそれぞれで中身が違う。
・「Paul Mc」まで入力するとサジェストされる「ポール・マッカートニー」をタップすると、中身が空。
・ある曲を聴いて、同じアーティストの別の曲を聴きたい、と思ったときにたどっていけるリンクがない。
・楽曲の発表年検索ができない。
・プレイリストにあるか、検索するキーワード(アーティスト名、アルバム名、曲名)を知っていないと曲にたどり着けない。
・一度再生したアーティストは、ライブラリに保存されるのだが、そこに登録されているのは聴いた曲だけ。そのアーティストの別の曲にアクセスする手段がない。アルバムへのアクセスは、「i」アイコンをタップすればできるんだけどね。
Asp6et6caaauuqs

・あとでわかったんだけど、この画面で、「アルバム」ボタンをタップすると、そのアーティストの別のアルバムが表示される。わかりにくい!

Asp6zohceaeailf

・ただ、コンピレーションアルバムの場合は、代表する1アーティストのみに限定される。だから80年代ヒットコンピで、フィル・コリンズを表示させてくても、ぜんぶマイケル・ジャクソンになっちゃったりとか。
・ジャンル別のブラウズができないのは痛い。
・アルファベット、あいうえお順でのアーティスト、楽曲ブラウズも当然ほしい。

 このあたりは単に開発が間に合わなかったのかなあ、と思うのですが、さらにいいものにするためには、次の機能実装を検討していただければと。

・プレイリストの投稿
・Twitter、Facebook投稿されたほかの人の再生リストを、自分のLISMOで再生できる機能
・スマートプレイリストの実装

といったところでしょうか。まあ、いくらでもよくすることは可能だと思うので、がんばってください。ともあれ第一歩としては、初期のトラブルを除けばまあまあよかったと思います。中の人はがんばって継続して下さいね。ナップスター・ジャパンみたいにならないように。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する