オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

吊り革ボカロPが出現する日

»

 VOCALOIDのiOS版が公開されて9カ月。こまめにバージョンアップされてきたのだが、今回のiVOCALOID-VY1 2.0は大きな飛躍を遂げた。

 開発者であるヤマハの赤澤さんに取材した記事が掲載されたので、まずこちらをお読みいただきたい。

iPhone/iPad版のVOCALOIDが進化 GarageBandとのコラボ可能に

 これまでとの大きな違いは2つ。他のアプリとクリップボードを介したオーディオデータのやり取りが可能になったことと、その機能まるごと、iPhoneで使えるようになたことだ。

 みんなの反響もかなりよい:

 iPad版GarageBand、iVOCALOID-VY1の完成度の高さは、実際に試してみて実証できたのではないかと思う。たとえばこんなの:

 これを見ればわかるように、GarageBandは人がいないところでボーカルを自分で入れなくちゃいけないし、iVOCALOID-VY1は、伴奏を別につけなければいけない。なら、この2つを合体させたほうがいいんじゃね? という期待に応えてくれたのが、SonomaのAudioPasete対応なのだ。

 これがあれば、電車の通勤時間がそのまま音楽スタジオに様変わり。iPhoneとNanoStudioの組み合わせなら、吊り革につかまりながら曲を完成させることだってできる。2時間かけた通勤も、歌詞とメロディーを考え、伴奏をつけ、ミックスするには短すぎると感じることだろう。

 iVOCALOID-VY1を駆使する吊り革ボカロPが、きょう、明日にも誕生するのではないだろうか。

 ちなみに、ぼくは自転車通勤なので吊り革ボカロPを名乗れないのです。

 きょうはさっさと帰宅してiVOCALOID-VY1とGarageBandの連携を検証しなければ。「GarageBand」「VOCALOID」「iPad」「iPhone」のキュレーターとしては、ね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する